ライフスタイル

雑菌繁殖が気になる!トイレ掃除のブラシってどうしてる?

Fotolia_168586142_Subscription_Monthly_M.jpg

皆さん、どんな方法でトイレ掃除をしていますか?そもそもトイレブラシは使う派ですか?実は最近、トイレブラシが雑菌の温床となって、不潔だからと置かない家庭が増えているそうです。実は、我が家も同じ理由で置いてませんでしたが、少し前に1つ購入し、現在は常備しています。そこで今回は、我が家の体験から、トイレブラシの雑菌問題についてどのような対策をしたのか紹介したいと思います。
気になるトイレブラシの雑菌問題
トイレブラシって便器の汚れをゴシゴシしたあと、しっかり洗い流しはするものの、ブラシには確実に雑菌が残っているだろうし、残るどころか繁殖している可能性も!最近では洗ったブラシ部分をそのまま便器に流せる、ジョンソンの「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」を使っている人の話をよく聞きますが、これってやっぱりブラシが不衛生だなぁ、置いておくのが嫌だなぁ…と感じている人が多かったことの現れだと思います。

我が家の場合もそう。少し前までトイレブラシは不衛生という理由で置いていませんでした。どうして便器を掃除していたかというと、流せるタイプのトイレシートを使うことが多く、そのほか、くたびれたキッチンスポンジを使ったり、メラミンスポンジを使ったりしていました。どれもゴム手袋をはめて使うのですが、トイレシート以外は使用後にビニール袋に入れて、ゴミ箱へ。個人的にはこれでOKでしたが、夫がトイレ掃除をするときに、手袋をはめなくても簡単に使えるトイレブラシが欲しいと言いだしました。その希望が出るたびにかわしていたのですが、あるとき、友人からある雑菌対策を聞き、夫のトイレ掃除への意欲もさらに高まるだろうと、購入することに。

トイレブラシをオキシクリーンで清潔に!
その対策方法はとても簡単。トイレブラシと収納バケツがセットになったものを用意し、バケツにお湯と漂白剤を入れ、そこにブラシをしばらくつけて除菌するという方法です(ちなみにバケツはしっかりお湯のたまる形を。ブラシを立てかけておくタイプのものだとNG)。我が家では定期的にオキシクリーンをお湯で溶かし、そこにブラシをしばらくつけ、つけたあとに泡を洗い流しています。おかげでブラシもそれを収納するバケツもさっぱり。過去、何回か行いましたが、オキシクリーンは塩素系ではなく、酸素系なので、変色したり、素材が痛んだりということもありませんでした。

さて、いかがでしたか?もしも同じようなトイレブラシの雑菌問題に悩んでいる人がいれば、ぜひ、試してみてくださいね。掃除道具を手入れすることはお掃除のモチベーションを盛り上げる一歩。きっとトイレがますますピカピカになること、間違いありません!

PHOTO/Fotolia



LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事