ヘルス

マスクをつける時間が長いプレママにも!息のしやすいマスクが登場

Fotolia_98087722_Subscription_Monthly_M.jpg

インフルエンザなどの感染症の予防に人一倍気を使うのがプレママです。筆者も妊娠中、外出するときは常にマスクをつけていました。日本バイリーン株式会社の調査結果によると、妊娠中はマスクの着用率が普段よりも約3倍に増加するそうです。しかし、耳が痛い、メガネが曇って不便など、長時間着用するからゆえのマスクへの悩みも多いよう。そんなマスクへの不満を解決する画期的なマスクが発売されたんです!


妊娠前のマスク選びは見た目や値段重視
「妊娠する前は小顔に見えるマスクを選んでいた」「品質よりも安価なものを買っていた」というママたち。しかし、妊婦になってからのマスク選びは「ピッタリフィットして風邪対策になるもの」「妊娠後、肌が敏感になってしまったので、素材や肌触りがいいもの」「毎日つけるので耳が痛くならないもの」に多くのママが変化しています。

妊娠中のマスクの不満上位は「息苦しい」「メガネが曇る」
妊娠中は階段の昇り降りで息が上がってしまったり、大きくなるお腹によって息が苦しく感じたりすることがあります。マスクをつけているとよりその傾向は顕著です。また、メガネをかけているママは、寒さの厳しい季節にマスクをつけることでメガネが曇ってしまうので生活するのに不便と感じる人も多いよう。

プレママにオススメの快適なつけ心地が魅力
sub1.jpg

マスクに対する悩みや不満のあるプレママでも納得して使えるのが「フルシャットマスク ふわっと プリーツタイプ」です。驚くほどメガネが曇りにくく、息のしやすいマスクで、さらに高性能「トリボレックフィルタ」により微粒子を99%カット。また、やわらかな耳ひもを採用しているので、長時間つけていても耳が痛くなりにくい設計です。口元には、肌にやさしい素材を採用し、素材から加工まで全て日本で行なっていることも安心材料と言えます。
sub2.jpg


たかがマスクと思いがちですが、毎日感じる小さな不満やストレスはないに越したことはありません。しっかりと風邪やウィルス対策ができて、かつストレスフリーなマスクは、プレママの毎日を快適にしてくれるはず!ぜひ一度使ってみてください。


PHOTO/Fotolia



人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。