ライフスタイル

意外と知らないよそのお宅のクリスマス事情。リサーチしてみたらこんなに違う!?

DSC_3826.JPG

12月に入ると、子ども同士だけでなくママ友の間でも話題の中心になってくるのがクリスマスプレゼント問題。特にママ達は、子どものリクエストに応えつつ、なるべくリーズナブルに入手するためにも、活発な情報交換が繰り広げられているシーズンです。ですが、肝心なプレゼントを実際にどう渡しているかについても聞いていますか?そこで、筆者のママ友周辺でリサーチをしてみたところ、意外と家庭によって違いがあり、そして参考になる意見も聞かれました。よそのお宅はどうやって渡しているのか、ちょっとのぞき見してみませんか?


プレゼントはいつ渡しているの?
24日の夜にクリスマスパーティーをして、25日に朝起きたらプレゼントが置いてあるというケースが多いようです。ですが、まれにその年の暦やプレゼントの大きさや重さによって、サンタさんのシフトが変わるケースも。例えば、リクエストが自転車のような大物のプレゼントの場合です。昨年のように、23日が祝日の金曜で土日合わせると3連休になるというお宅では、ちょっと早めの23日の朝サンタさんがプレゼントを届けてくれたという話も聞かれました。そのおかげで、連休の間にパパと一緒に自転車の練習ができ、ママも子どもも大喜びのプレゼントになったそうです。
意外だけれど納得だったのが、大幅に遅れて年明けに渡したというケース。その話を聞かせてくれたのは、パパが単身赴任をしているお宅です。そのお宅では、子どもが冬休みに入ると同時に家族でパパの赴任先にみんなでお泊りに行くそうです。そして、そのままクリスマスや年越し、冬休みが終わる直前まで家族の時間を過ごし、その後パパと別れて寂しい思いをしながら家に戻るとプレゼントが届いている!という素敵なサプライズが待っているそう。子どもを思うパパとママの愛が感じられて、とても心温まるアイディアですよね。

どこにプレゼントを置いているの?
これは、想像通り枕元かツリーの近くという答えがほとんどでした。どちらも、子どもがすぐに見つけられて、喜ぶ顔が見られるだけに定番の場所ですよね。それとは逆に、プレゼントは隠しておく!というお宅も。「悪い子だったからサンタさんはプレゼントをくれなかったのかなぁ…」なんて話しをしながら、カーテンをあけたら窓の側に隠されたプレゼントを発見。プレゼントがないと思っていた子どものテンションが一気にマックス状態になって、側でみている親もテンションがあがるそうです。その他、普段起きたら一番先に行く場所であるトイレ前や、小さいものだと冷蔵庫の中など宝探し感覚で毎年置き場所を変えて楽しんいるという話も聞かれました。

いつどこでプレゼントを渡すかは、家庭によっても多少の違いがあるようですが、どちらにしても子どもに喜んでもらうことが一番の目的。子どもの笑顔が見られるよう、素敵なクリスマスにしてあげたいですね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。