食&レシピ

「七草がゆ」ってなぜ食べるの?【食育】に活かせる豆知識

Fotolia_72927575_Subscription_Monthly_M.jpg

年神様をお迎えするために、門松などの「松飾(まつかざり)」を飾っておく期間を、「松の内(まつのうち)」と呼びます。期間は一般的には1月6日の夜までで、1月7日の朝が来たら松飾を外すことが多いようですが、地方によっては10日、15日、という場所もあるようです。
この「松の内」が明けた、7日の朝にいただくのが「七草がゆ」。なぜ「かゆ」なのか、なぜ「七草」なのか、子どもたちの【食育】のためにも、ここで一緒に歴史を勉強してみましょう。


実は「七草」じゃなくて「七種」だったんです!
現在の日本では、1月7日にいただくのは「七草がゆ」として知られていますが、古くは「七種がゆ」と呼ばれ、7種類の穀物が入ったおかゆをいただくのが常でした。この七種とは「米、アワ、ヒエ、キビ、アズキ、ゴマ、ミノ(ムツオレグサ)」といった穀物で、今でも小正月に「小豆がゆ」をいただく習慣として残っている地方もあります。
穀物を入れたおかゆを食べる習慣が、七草に変わったのがいつ頃なのか、明確なところは分かっていませんが、1362年頃に書かれた文献には「せり、なづな、ごぎょう、はこ(く)べら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七種」という歌が残っており、江戸時代に入る前には、こうした野草を使った「七草がゆ」に変化していたようです。

春夏秋冬、すべてに七草がある!?
日本で現在有名なのは、秋の七草と春の七草ですよね。でも、実は夏や冬にも「七草」が選定されているんです!

ちなみに「冬」は
・なんきん(かぼちゃ)
・れんこん
・にんじん
・ぎんなん
・きんかん
・かんてん
・うんどん(うどん)
の7つで、「ん」がふたつ付く、「運が倍になる」ものが選ばれています。金柑の皮で香り付けをした具沢山なおうどんを、寒い冬の日にいただけば、運勢UPも間違いナシ……かもしれません。こちらは、とくに食べる日は決まっていません。

「夏」の七草は、
・ヨシ
・イグサ
・オモダカ
・ヒツジグサ
・ハス
・コウホネ
・サギソウ
で、秋の七草同様、食べることはできません。間違って食べないよう、子どもたちに教える際は、「春と冬だけ食べられるんだよ!」と、しっかり教えておきましょう。

結局、7種類あれば何でもよかった!?
七草がゆに話を戻しますが、七つの野草を入れたおかゆを食べるのは、お正月のごちそうで疲れた胃腸を休め、デトックスし、また、若草の生命力を分けてもらって、健康を祈願するという意味があります。

しかし、江戸時代まで使われていた旧暦とは違った暦を使用している現在では、1月7日の時点で生命力あふれる野草を集めるのはとても大変です。大きなスーパーなどでは、七草がセットになったものも売られているようですが、ハウスで育てられた旬ではないものをいただくのは、なんとも味気ないもの。また、そもそもは「穀物」だったものなので、あまり難しいことは気にせず、7種類を使ったおかゆを作っちゃいましょう。卵を落としたり、塩昆布を添えたりするのもアリです。

お好みの食べ方で、家族みんなで笑顔でいただくこと。笑顔により厄を払うこと。これも「七草がゆ」をいただく意義になります。好みの7つの野菜を使って美味しいおかゆを作って、家族そろっていただきましょう!
PHOTO/Fotolia




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。