食&レシピ

「小正月」には小豆がゆを食べて、邪気退散!

Fotolia_100195522_Subscription_Monthly_M.jpg

1月15日は「小正月」と呼ばれ、昔は「小豆がゆ」を食べたり、お餅を刺した「餅花」を飾る家が多いものでした。現代ではうっかり、忘れ去られてしまいがちな「小正月」。その意味やいわれを知って、古き良き日本の伝統と文化を残してみませんか!
小正月は、旧暦では満月を示す日でした
日本が旧暦を使用していた江戸時代まで、お正月というのは、立春(2月4日頃)後、最初に訪れる満月の日とされていました。この日を元日(大正月)とし、次に満月になる日を「小正月」と呼び、豊作祈願などを行う日として、様々なイベントが行われていました。西暦を用いている現在では、1月1日が元日と決まっているので、そのままスライドされ、1月14日の日没~1月15日の日没までの間を「小正月」と呼ぶようになっています。

小正月は「女正月」とも呼ばれ、お正月の準備や接待で疲れた女性たちが、休むことのできる日でもありました。そのため、男性が女性の代わりに料理を作ってふるまう風習が残っている地方もあるといいます。また、「元服の儀」を小正月に行っていたこともあり、2000年までは「成人式」が1月15日に行われていました。

小豆がゆで、悪霊や厄とサヨナラ!
「なまはげ」「どんど(とんど)焼き」など、地方によって小正月に行われるイベントは様々にあるようですが、上にも挙げたように、

・豊作祈願
・吉凶占い
・悪霊(厄)払い

を行うのが「小正月」です。なので、小正月のメインイベントは、豊作祈願+悪霊払いになります。
まず、豊作祈願としては「餅花」を飾ります。柳などのしなやかな枝に紅白のお餅を花に見立てて刺したもの(現在では、小判やおたふく、繭といった飾りが付いた、ゴージャスなものもあるようです)を、春~夏にかけての農作業が順調であるように、そして豊作の秋が迎えられますように、という祈りを込めて飾ります。

悪霊払いは、「小豆がゆ」を頂くことで行います。これは、小豆の赤い色には邪気を払う効果があると、信じられていたため。もしかしたら、女性の代わりに台所に立つことになった男性が、作りやすかった!なんてこともあったかもしれませんが、15日の朝、小豆を入れたおかゆを炊き、家族そろっていただきます。ここのところ、あんまり運が良くないかも……という人は、小豆がゆを食べて、邪気を払ってしまいましょう!

成人の日が移り、つい忘れてしまいがちな1月15日。日本の古くからの伝統や文化を継承するためにも、小豆がゆとともに祝ってみてください。
PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事