ヘルス

冷えや風邪を撃退!お金や時間をかけずに元気に冬を越すひと工夫

Fotolia_28602586_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもと一緒に規則正しい生活をし、栄養のある食事をとっているつもりでも、ちょっとした体調不良に悩まされるママは少なくないと思います。特に、冷え性のママにとって、冬は大敵。とは言え、対策を練るためのお金や時間がない……そんなママでも心掛けられる日常のひと工夫を、ご紹介します。


買い物の時に意識して野菜を選ぶ
まずは何より食事。野菜を買う時に、免疫力を高めるものや体を温めるものを意識して選んで、そこからメニューを考えてみてはいかがでしょうか。筆者が特に欠かさず取り入れようとしているのは、大根。消化酵素が胃腸を整えてくれる上に、ビタミンCやビタミンA、食物繊維なども豊富です。
他には、しょうがやれんこん、ねぎなどを常備。しょうがは子どもには辛いかな?と躊躇していたのですが、煮物などにすりおろして入れても、我が子の場合は意外と大丈夫でした。
また、一人で食事をする際は、こういった野菜をここぞとばかりにたっぷり取り入れます。おすすめはおろしそばか、おろしうどん。大根おろしにねぎとしょうがも入れて、お好みで納豆や温玉、揚げ玉やのりなどもトッピング。簡単ですし、アレンジができるので飽きませんよ!

日常的に飲むお茶を工夫してみる
何気なく飲んでいるお茶やコーヒー。筆者は、一年を通してなるべくアイスではなくホットを選ぶ、くらいの工夫しかしていなかったのですが、お茶そのものにも注目するよう意識してみました。知人であるマッサージのセラピストさんに「冷え」「整腸作用」「風邪予防」といった悩みを相談したうえで、豊富な鉄分で冷えを解消し、整腸効果もある「シソの葉茶」、ビタミンCが緑茶の20倍という「柿の葉茶」を紹介してもらいました。このふたつをブレンドして飲んでいます。どちらもはっきりした味ですが、ブレンドしても合いますよ。そして、どちらもノンカフェインです。

寝る時は保湿と保温に気を配ったスタイルに
保湿と保温は、冷えや風邪を撃退するためにはマスト。冬は、マスクで喉を保湿し、首はネックウォーマーやマフラーを巻くかタートルネックを着用し、足は長めのソックスかレッグウォーマーを穿く……というスタイルを筆者は心掛けていますが、起きている間は、マスクを子どもにいじられたり、仕事的にしにくかったりする場面も。でも、寝る時ならこのスタイルが続けられます!
特に、子どもの授乳で夜中に起きなければならないママにおすすめ。マスク+ネックウォーマーは、布団から出さなければいけない上半身の冷えをしのげます!

なお、ママがプチ体調不調に陥らないための秘訣を、上記のセラピストさんに伺ったところ、「なかなか難しいとは思いますが、一人の時間を少しでも作ってリラックスすること」とおっしゃっていました。衣食も大事ですが、気持ちも大事なんですね。ぜひ、参考にしてみてください!

PHOTO/Fotolia



人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。