ライフスタイル

意外と知らない?「香典返し」のマナーとポイント

Fotolia_144498958_Subscription_Monthly_M.jpg

お通夜や葬儀の場でいただく「お香典」。これに対する「香典返し」は、いつ、どのようなもので、お返しするのがマナーなのでしょうか。意外と知られていない「香典返し」について、一緒にお勉強してみましょう!
香典返しは、そもそも必要のないものだった!?
「香典」というのは本来、葬儀にかかる費用(トータルで100万~500万ほどかかることが多いようです)を、近所の人や知り合いが補い合い、遺族の経済的な負担を軽くするために供えられるものです。ですから、基本的には返礼をする必要はありません。葬儀に足を運んでくれた会葬者の方に、軽いお食事を提供したり、お礼状を渡す程度で十分なのです。

せめて気持ちだけでも……という場合は、後から香典返しを送るのではなく「即日渡し」として、通夜や葬儀の場で渡せるものを用意するといいでしょう(送料分を葬儀費用に回すことができます)。中身は経済状況に応じてでOK。ハンカチ、タオル、石けん、お茶など、日常的に使える消耗品がおすすめです。
あまりにも高額な香典を包んでくれた人や、故人が生前、とてもお世話になった人であれば、忌明け(仏式であれば四十九日明け)に、改めて別の品を香典返しとして贈るようにしましょう。この時も「半返し」にこだわる必要はありません。できる範囲で、心をこめて贈るようにしましょう。

また、

・一家の大黒柱(夫)が亡くなった場合
・香典が団体・グループの名義になっていた場合
・葬儀の際に、香典やお供物をお断りする旨、伝えてあった場合
・故人の遺志で、香典を社会福祉施設に寄付する場合

であれば、香典返しをしなくてOKです。

香典返しの代わりに、あいさつ状を送りましょう
ただし、葬儀の後、何もしないでいてもいいかというと、そうではありません。香典をいただいた方には、忌明けしたことと、葬儀にいらしてくれたことへの感謝を告げる「あいさつ状」を送るのがマナーです。
その際、香典をどのように使ったのか(葬儀代金としてありがたく使った、遺児の養育費に充てる、寄付に換える、など)を、報告するのがマナーだとされています。寄付に換えた場合は、どの団体に、どのような趣旨で寄付したのかを明記しましょう。

いちいち「半返し!!」などと言う人もいるようですが、香典というのは、そもそもが故人に差し上げるもの。半分戻ってくることを期待して渡すものではありません。「とんでもマナー」を当たり前にさせないためにも、正しいルールとマナーを知って、会葬者の心に残る葬儀を執り行いましょう。
PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事