子育て

頑張り屋さん必読!家事に育児に完璧にこなそうとしてクラッシュした話

Fotolia_179793862_Subscription_Monthly_M.jpg

家事も育児も仕事も完璧にこなしたい!そう思っているママは少なくないのでは。でも完璧って、何をもって完璧というのか考えたことありますか。これは筆者が、なんでも完璧にやり遂げたいという気持ちが強すぎたせいで、心と体のバランスを壊してしまったお話です。頑張り屋さんでちょっと疲れてしまったママへ、少し立ち止まって考えてみませんか。

何もかも理想通りにしたかった
筆者は以前から、「また明日やればいいか」「まぁいいか」という考えがとても苦手でした。家事に関しても、夫に手伝ってもらうよりも、全部自分でやった方が段取りよく済むと、特に分担を決めていませんでした。しかし、子どもが生まれ、育児が生活の一部になると、それまで自分の理想通りに進んでいたことがうまく行かなくなり始めたのです。

子育てには想定外のことはつきもの。急病や夜泣き、イヤイヤ期…。その度に今まで保ち続けていた生活の質が悪くなっていきました。全てをキレイに理想通りにしていたかった筆者。このような状態が続き、次第に大きなストレスを感じるようになっていました。

そのストレスは、次第に夫との関係も悪くしてしまいました。分担すれば楽になる事も、夫に任せると思い通りの形になっていないことばかり。その度喧嘩になり、結局自分でやり直していました。そのことが、夫の家事をする意欲を削いでしまい、いつしか1人で家事をこなしながら、仕事をし、毎晩3~4時間の睡眠時間が当たり前という日々が続きました。

ストレスMAXで心身ともに危険な状態に
そんなある日、会話したくても口から言葉が出てこなくなり、頭の中がいつもボーっとするように。考えがまとまらなくなり、買い物をしに行くのにも、数時間スーパーでウロウロしたのに何も買えずに帰ってきたことも。次第に体に力が入らなくなり、しばらく寝込む日々が続きました。

ついに体調も異変を感じ始め、医療機関を受診をすることに。そこで診断されたのが「うつ病」でした。医師からは「あなたのように何でも完璧にやりたいって人が、自分を追い詰めて体調を崩してしまうんだよ」と、ストレスの原因を見つめなおしてみるようにアドバイスされたのです。

すぐには難しくても少しずつ変えていく
医師から「気持ちの持ちようを少しずつでも変えていく必要がある」と言われても、なかなかすぐに実行できるものではありません。しかし、いくら薬で気分を紛らわしたところで根治しないことも理解していました。

夫と相談し、夫には家事や育児の分担を再びしてもらい、人を頼ることに少しずつ慣れていくことにしました。自分とやり方が違っていても「ありがとう」と言葉にして伝えます。それだけで、気持ちが落ち着いていく気がしました。夫も感謝されることがやる気につながり、自分なりに試行錯誤して努力してくれるように。そんな風に、少しずつあんなに固執していた理想のハードルを下げていくことが出来るようになってきたのです。


元の性格は変えられない部分もあります。しかし、頑張りすぎることが一体誰のためになっていたのかと思うと、ストレスを抱え心身を壊してまで、理想を追い求めなくてもよいのではと、今では思うのです。少しくらい後回しにしたって大丈夫です。それよりも、ママであるあなたがいつも笑顔でいることが家族にとって一番大切なことだと、経験者は伝えたいのです。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事