トレンド

異文化子育て、日本とフランスでこうも違う!?

Fotolia_66637485_Subscription_Monthly_M.jpg

珍しいことではなくなってきたとはいえ、まだまだ少数派の国際結婚。憧れのある人がいる一方、国際結婚カップルが身近な存在という人もいるかもしれません。
じゃんぽ~る西さんは、パリでの暮らしをまとめたエッセイコミックも出版されている男性漫画家。AFP通信社東京特派員・フリージャーナリストとして働くフランス人女性と結婚されています。今回は、そんなじゃんぽ~るさんの最新刊『モンプチ 嫁はフランス人』をご紹介します!


「愛が苦手な日本男性」が「愛が大事なフランス女性」と結婚し、子育て
恥ずかしげもなく「君はきれいだ」と言う、記念日を忘れない、毎日「愛してる」と伝える…。日本では揶揄されがちな“マメ男”も、フランスではこれが当たり前!きちんと態度で示してくれるのです。当然、フランス人女性も愛の表現はかかせません。寝起きでボサボサの状態でも、「あなたはかっこいい!」「あなたは私の人生の男!」と誉めまくる。ついつい気後れしてしまうじゃんぽ~るさん…。長男ナオくんが生まれてからは、3ヵ月で職場復帰した妻と協力しあい、子育てに奮闘しています。失敗するおむつ替え、ギャン泣き対策、保育園デビューなどなど、父親の立場から語られるエピソードは新鮮!

mammemo1_monpetit_1_052.jpg

第1巻P.52より

最新第3巻は、笑って泣ける、日仏異文化“格闘”育児エピソードが満載!
第3巻となる今作は、愛しの息子ナオくんの成長記が中心。4歳となり、幼いながらに「日本」と「フランス」、2つの文化があることを認識したナオくん。父が日本語、母がフランス語で話しかけると、それぞれの言語で返事を使い分けるなど、国際結婚家庭ならではの成長ぶりをみせます。初めての自転車練習、初めての遠足、奥様・カレンさんの47歳での第二子妊娠出産エピソードといった子育て話はもちろん、パリのブックフェアに招待された際のことや、日仏で異なる年末年始の過ごし方、義妹メラニーさんの来日、25歳差カップルで話題のマクロン大統領の物語など、フランスネタも盛りだくさん! 

mammemo2_monpetit_3_025.jpg

第3巻P25より

異なる文化がはぐくむ育児エピソードに、新たな視界が開けるかもしれませんよ。

本作は女性漫画誌『FEEL YOUNG』にて連載。3月号からは、カレンさんが日本で受けたカルチャーショックをメインテーマに、新シリーズ『TOKYO異邦人(トーキョーエトランジェ)』として再始動します。こちらもお楽しみに!

試し読みはこちらから【1巻】【2巻】【3巻】

モンプチ 嫁はフランス人 3 (フィールコミックス) -
モンプチ 嫁はフランス人 3 (フィールコミックス) -

(C)Jean-Paul NISHI/Shodensha FEEL COMICS


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。