ライフスタイル

意外に多い!「トイレ収納」がない家の悩みは「空中収納」で解決!

IMG_1845.jpg

実は意外と多い「トイレ収納」がない問題。掃除用品やトイレットペーパーの予備など、置きたいモノはたくさんあるのに収納が設置されていない家があります。子育て中のママなら、おむつや補助便座(トイレトレーニング)の収納も必要ですよね…。そんなお悩みには「空中収納」が1番! わざわざ収納ラックを購入しなくても、安くて簡単に収納が増やせるアイデアをご紹介します。
まずは、お手本から!2本の突っ張り棒でここまで出来る「空中収納」

sayaka.さん(@sayaka_j89)がシェアした投稿 -


★sayaka_j89さんの場合
まるでカフェのような、居心地の良い空間。たった2本の突っ張り棒で、これだけの雰囲気を作れるなんて素敵です。その上には、流木に麻ひもを巻いたディスプレイが飾られています。お手本にしたいアイデアですね。

sakkoさん(@sakko_home)がシェアした投稿 -


★sakko_homeさんの場合
こちらも2本の突っ張り棒だけ! 軽さを重視し、バルサ材で覆い隠したそうです。これなら、DIYが苦手なママも簡単にトライできるはず。ちなみに、マスキングテープを貼った、ウォールデコも素敵なので参考にしたいですね。これならどんなに手先が不器用なママでも実現できそうなアイディアです。

[idea.1]1本108円の「突っ張り棒」でも「吊るす」だけ!
トイレの左右に壁がないトイレもあります。参考までに、筆者宅のトイレは引き戸タイプ(横幅76cm☓奥行き122cm)の極小トイレです。写真の右側は、引き戸になります。そのため、「2本の突っ張り棒」に板を渡すことができません。右側の壁には、約2cmのスペースのみです。それでも「1本の突っ張り棒」で「空中収納」ができます。用意するのは「突っ張り棒」が通る穴のあいた、軽い素材の収納ボックス(ワイヤーラック、布バスケット、プラスチックバスケット、紙袋、巾着など)です。

このように、縦のラインを使って収納力がアップできました。。1本目には、キャンドゥのネットバッグとワイヤーラックを。2本目の左側には、ダイソーの積み重ねボックスの中にサニタリー用品を。右側には、掃除用品(無印良品のスプレーボトルと柄つきスポンジ フレーム)を吊り下げました。ちなみに、掃除用品や補助便座を吊るす時は、床から約45cmぐらいの位置が、視界に入らずスッキリと収納できると思います。落下防止のため補強するなら<突っ張り棒が落ちない君>を追加しましょう。また「突っ張り棒」に記載されている、耐荷重の確認も忘れずに。

[idea.2]引き戸のトイレなら「突っ張りポール」でも大丈夫!
トイレが引き戸の場合、床から天井を支える「突っ張りポール」もおすすめです。こちらは、強度が増すためいろいろなモノを吊り下げられます。ほかにも、壁の穴が目立たない<ホチキス 壁掛け フック>などを使えば、天井から吊るす<ハンギングプランター>なども使えます。このように、棚を買わない方法はたくさんあります。

トイレにスペースがない場合、スリムラックを入れるのも困難です。例え、設置したとしても汚れが溜まりやすく掃除しにくくなります。小さなスペースなら、モノを床置きしない「空中収納」を考えます。これなら、予算もかかりません。なにより、モノをどかさずに済むのでトイレ掃除がとても楽になります。

PHOTO/ito maki





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事