ライフスタイル

ゴールデンウィークって何なの? 今更聞けないGWのアレコレをキャッチアップ!

Fotolia_140986545_Subscription_Monthly_M.jpg

4月末から5月初旬にかけて訪れるゴールデンウィーク。何の疑問もなく「ゴールデンウィーク」と呼んでいますが、なぜそう呼ぶようになったのかを知る人は、意外と少ないのではないでしょうか。
GWと呼ぶようになったのは、昭和中期から!
春の大型連休を「ゴールデンウィーク」と呼ぶようになったのは、1951年(昭和26年)。当時の日本では「映画」が娯楽の中で人気が高く、映画館の売り上げが高まる「正月休み」「お盆休み」「春の連休」に、映画関係者は大きく期待していました。「正月期間」と「お盆期間」はそのままの名前で呼ばれていましたが、春の連休という言葉が漠然としていたため、「ゴールデンウィーク」と呼ぶようになったのが始まりだとされています。

ちなみに、映画会社による業界用語であるため、国営放送であるNHKでは「ゴールデンウィーク」という言葉は使わないのだそう。そういえば「春の大型連休」なんて言い方をしていますよね。

GW期間中には、どんな記念日があるの?
祝日となる記念日が続くゴールデンウィーク。それぞれの記念日は、いったい何を記念したものなのでしょうか。

4月29日「昭和の日」
もともとは、昭和天皇の誕生日だった4月29日。昭和天皇の逝去に伴って無くなるはずでしたが、この日が平日になるとGWが短くなることから「みどりの日」として残ることになりました。2007年の「国民の祝日に関する法律」の改正に伴い、「みどりの日」は5月4日に移動となり、4月29日は「激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」というやや難解な理由付けをされ、「昭和の日」となりました。

5月1日「メーデー(メイデー)」
国が定めた祝日ではありませんが、多くの会社が休業日に指定しています。この日は、全世界的に労働者の日とされ、労働条件の向上を求めてデモ行進を行ったり、ストライキを行ったりすることも。

5月3日「憲法記念日」
1947年に日本国憲法が制定(施行)されたことを記念するために制定された祝日。実際に日本国憲法が公布されたのは11月3日で、その日は「文化の日」として休日に指定されています。

5月4日「みどりの日」
先に紹介したように、天皇誕生日からの変遷を経て、祝日に制定されました。「自然に親しみ、恩恵に感謝する日」とされているので、この日は思いっきりアウトドアを楽しみましょう。

5月5日「こどもの日」
「こどもの人格を重んじ、幸福をはかる日」として祝日に制定されている日。こどもたちとしっかりコミュニケーションを取り、笑顔の絶えない1日にしましょう。

ちなみに今年のGWは、4月28日(土)~30日(振替休日)、5月3日(憲法記念日)~6日(日)の2パート。上手にスケジュールをやりくりし、家族揃って楽しい休暇を過ごしてみてください。
PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事