子育て

自分だけじゃない! 私って育児に向いてないのかも…と思った時

Fotolia_178015722_Subscription_Monthly_M.jpg

子育てをしているなかで育児を苦手だと感じたり、自分には向いていないのかも…と思ったりしたことはありませんか? そういう時は周りのママさん達みんなが育児を全力で楽しんでいるように見えて、余計に苦しくなってしまうこともありますよね。
しかし、自分は育児に向いていないのでは…と感じたことのある人は意外と少なくないのです。そんなママさん達の経験談をご紹介します。

みんなは普通にやっている“アレ”が苦手…
「私には娘と一緒に遊んでいる時の恐怖のフレーズがあります。それが、“ママ、○○ごっこしよう!”。母親になってから気付いたんですが、何かになりきって遊ぶというのが大の苦手。たとえ娘相手だとしても、声や口調を変えて喋るという行為が恥ずかしくて恥ずかしくてたまらないんです。娘がやりたがっているのにどうしても受け入れられないことが申し訳なくて…。裏声を駆使しながらごっこ遊びを普通にこなしているママさんを見かけると、私って不完全な母親だなぁ、と思ってしまいます」。(4歳女の子のママ)

毎日イキイキしている自分に落ち込む
「子どもが1歳3ヶ月の時に仕事復帰をしました。それまでは子どもにつきっきりの毎日。もちろん子どもは可愛いし日々成長を感じられるのも嬉しいけど、夫は仕事が忙しくほぼワンオペ育児状態。何となく気持ちがふさぎ込んでしまうことも多かったんですが、仕事復帰をして外の世界へ出るようになったら気持ちが驚くほど軽くなりました。日中会えない分、息子に会いたい!大好き!という気持ちも息子に対して見せる笑顔も、復帰前より増えた気がします。ただ、“息子と離れることにより良い方向に変わった”という事実には、母としてのダメさを感じてしまい落ち込みます」。(3歳男の子ママ)

元々の性格のせいで…
「私は自他共に認める几帳面な性格で、物事が自分の決めた時間通りに進まないと気が済まないタイプ。しかし子どもと一緒の生活はそんなにスムーズにいくわけがなく、買い物から○時までに帰ってこよう! と決めても途中で何かしらのハプニングがあり思い通りにいかなかったり、夕飯を作る時になって娘の機嫌が悪く、結局夫の帰宅時間に間に合わなかったり…。そんなことがしばらく続くと溜まったものが爆発して激しい自己嫌悪に襲われる時があります。夫は、“そんなの当たり前のことなんだから気にすることないよ”と言ってくれるものの、娘がもうすぐ2歳になる今でも肩の力の抜き方がわからない状態です」。(1歳11ヶ月女の子のママ)


育児に自信をなくして溜め息をついてしまう瞬間はきっと誰にでもあります。むしろ自信を持って“私って子育てに向いてる!”と言える人のほうが少ないと思います。

“私、育児に向いていないのかも…”は大なり小なりみんなが感じていること! そう割り切って、あまり思いつめすぎずに目の前にある笑顔を大切にしてあげましょう。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事