子育て

ワーキングママの夕方はドタバタ⁈ 家事ゴールデンタイムをどうこなしてる?

Fotolia_122331132_Subscription_Monthly_M.jpg

ワーキングママにとって一番忙しい時間。それは夕方仕事から帰ってきて、夕飯の支度やお風呂の用意など、やることいっぱいの家事ゴールデンタイムと呼ばれる時間。どれだけ効率よくしようとしても、せわしいのは変わりありませんが、巷のワーキングママたちは、そんな家事ゴールデンタイムをどう工夫しているのでしょうか?筆者の周りのワーキングママに聞いてみました。


宅配食材サービスで買い物の手間を省く
専業主婦だって毎日頭を悩ませる夕飯の献立。スーパーでお買い得品をチェックしながら、献立を考えるのはかなりの時間がかかりますよね。

あるママは宅配食材サービス「ヨシケイ」を使って、毎晩の献立を組み立てているのだとか。
「一週間単位で栄養士が考える献立に沿った食材が、その日の分ずつ自宅に届けられるサービスです。自宅で用意しておくべきものは、調味料と米だけ。仕事で疲れているのに、スーパーで重い荷物を引きずって帰らなくて済むので、重宝しています。それに、毎日スーパーに行くことがなくなると、無駄なものも買わないので、節約にもなりますよ」。

他にも、生協の個配サービスなど、スーパーがやっている宅配サービスを使って、買い物をすませているという意見が聞かれました。確かに、その日の分の食材が自宅に届いているだけで、大きな時短になりますね。

食材の下ごしらえは休日にまとめてしておく
夕方は子どももお腹が空いていて「ご飯まだ~? 」とせかされる時も。出来るだけ調理時間を短くして、パパっと作ってあげたいけど、下ごしらえだけでも結構な手間ですよね。

時短を重視するママは、食材の下ごしらえを休日にしておくのだとか。中でも、下茹でが必要なブロッコリーやアスパラなどは、余裕のある時に下茹でまで済ませておいて、冷凍しておくと、付け合わせに使うときもさっと出して、お皿の上で解凍させるだけ。

急いでいるときは、まな板をできるだけ汚さないように調理が進められると、気持ちにも余裕が生まれます。

出汁は冷蔵庫にストックしておく
和食なら大体使う出汁。忙しくても本格的な出汁を使いたい、こだわり派のママの中には、お茶などを入れるピッチャーボトルに、昆布と水を入れて、常に冷蔵庫にストック。こうして使いたいときにすぐ使える水出しの昆布出汁をつくっておくのだそう。

これは、だしパックなどでも応用可能なので、煮物を作るときなどに重宝します。また冷えているので、炊き込みご飯を作るとき、具材と冷えた出汁、調味料を合わせるだけで、すぐに炊飯できます。急いでいる時に、出汁を冷やさなくてよいのも助かりますよね。


こうして話を聞いていると、どのママも様々な工夫で夕方のドタバタを効率よくこなしてるのがわかります。「効率悪いな~」と思ったら、ワーキングママが実践するアイディアも参考にして、忙しい家事ゴールデンタイムを乗り切りましょう!

PHOTO/Fotolia


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。