子育て

子どもの“片付け心”に火をつけるテクニック

Fotolia_121255047_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもって散らかすのは大得意なのに、片付けはなかなかできなくて、部屋を散らかりっぱなしにしがち。本当は言いたくないのに、つい「片付けて!」が口癖になっていませんか? 我が家もそうだったのですが、子どもの片付け心に火をつけるテクニックを見つけて実践するようになってからは、ママである筆者が片付けをしなくてはならないということが、驚くほど減りました。みなさんのご家庭でもぜひ、実践してみてください。ちなみに、おしゃべりができるようになった2〜3歳以上のお子さんに有効かと思います。
「教えて」とお願いする
Fotolia_135599701_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもにとっては、おもちゃ=遊ぶもの。遊びに夢中になっていて楽しいのに、ママからの「片付けなさい!」のひと言は、ただでさえ、少ない片付けへの意欲を、ますます減退させてしまいます。
子どもは早く大人になりたいという願望があったりするもの。そこで、その気持ちを上手に利用することにして、大人であるママが「このおもちゃ、どこにしまうの?教えてくれる?」とお願いをするようにしてみて下さい。そうすると、「これはここだよ!」と得意顔になって片付けを始めてくれます。ママに教えてあげたという優越感が片付け心に火をつけるのだと思います。

片付けの後の褒め言葉で、片付け=いい気持ちと植え付ける
Fotolia_78111341_Subscription_Monthly_M.jpg

忘れてはいけないのが終わってからのひと言。「◯◯ちゃん(くん)が片付けてくれたから、お部屋がキレイになって気持ちいいね!」「ありがとう!」「◯◯ちゃん(くん)はお片付けがすごく上手だね、ママ嬉しいな!」などととびきりの笑顔とともに褒めてあげてください。そうすることで、『片付け=ママが喜ぶこと、僕(私)の得意なこと』と記憶され、これを繰り返すことで習慣になっていきます。

ゲーム感覚で”片付け競争”を演出
Fotolia_54377956_Subscription_Monthly_M (1).jpg

ときには、片付けをゲーム化してしまうのも有効です。ママと、パパと、あるいは兄弟と、「夜ごはんになるから、よーいどん!で片付け競争しよう」などと声をかけ、楽しんで片付けをするようにします。筆者の家庭では、必ず子どもを勝たせるようにしています。そして、前述したように、褒めてあげましょう。

片付けの習慣がつくまでは、怒らず、焦らず、付き合ってあげることが大事。ひとりで片付けさせるのではなく、一緒に片付けたり、見守ったりして、最後に必ず褒めるように。片付けの習慣がつくまで繰り返し実践してみてください。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事