子育て

お風呂が先? 夕食が先? 子どもの夕方のフレキシブルな過ごし方

Fotolia_186262832_Subscription_Monthly_M.jpg

小さな子どもがいると、「お風呂は夕食前」「お風呂は夕食後」と、リズムを決めている家庭も多いと思います。でも、季節や状況によってフレキシブルに変えるというのも、心地よく健康に過ごすひとつのやり方です。3歳の子どもがいる我が家の例をご紹介します。
「お風呂は夕食後」を守っていた3歳まで
3歳前までは、ふたつの理由から、「お風呂は夕食後」にしていました。
ひとつは、「生活のリズムを守るため」。赤ちゃんの頃に寝つきが悪かったこともあって、日々のリズムを大切にしていました。
ふたつは、「食べこぼしが多いため」。肌が弱いので、少し刺激があるものを食べると、口の周りが赤くなってしまうこともあり、そういったものをきれいに洗い流すためにも、お風呂は夕食後にしていたのです。
しかし、だんだん、寝つきがよくなり、食べこぼしも少なくなってきたので、3歳頃から「お風呂は夕食後」というところにこだわらなくなっていきました。

こんな日は「お風呂は夕食前」
今でも、基本的には「お風呂は夕食後」ですが、状況に応じて、夕食前にしています。
例えば、雨の日や寒い日。体が冷えて風邪をひいてしまわないように、帰ったらすぐにお風呂にお湯をためて入るようにしています。シンプルなやり方ですが、「冷えたらお風呂」は、親子の健康維持に役立っているような気がしますよ!
そして、汗をかいた日も先にお風呂に入るようにしています。結果的に、3歳の夏は毎日のように夕食前にお風呂に入っていました。帰宅後をさっぱりとした心と体で過ごすことができたと思います。
なお、夏の休日に関しては、お昼の外出から帰宅後にシャワー、夕食後にお風呂、と2ステップ踏むことも多かったです。親としてはちょっと面倒ですが、水遊び気分で楽しいですし、衛生的にもよかったと思います。
もちろん、季節を問わず、手洗いだけじゃ済まないくらい汚れた日も、お風呂に直行!です。

夕食前にお風呂に入っても、大きな問題なし!
また、最低限のリズムとして、どんな日でも寝る時間はなるべく変えないようにしています。我が子の場合は、お風呂と夕食の順番が前後しても、寝つきが悪くなるようなこともないようです。
そして、今でも、お風呂の後の夕食で、口の周りに食べ物を付けてしまうことがありますが、まめに拭き取るようにしているからか、少しは肌が丈夫になってきたからか、そこまで気になることはありません。
難点としては、ママがお風呂でリラックスし過ぎると、夕食を作る気力が湧かなくなるところくらいでしょうか?(笑)。そんな時は、潔く手抜き夕食にしちゃいましょう!

リズムにとらわれないことで、ママとしては気楽になれると思います。子どもと「今日は先にお風呂に入ろっか?」なんて話すことも楽しいですよ! ぜひ、お試しください。

PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事