ライフスタイル

季節を感じる「和風月名」を、子どもと一緒に覚えよう

Fotolia_32730460_Subscription_Monthly_M.jpg

4月は旧暦の呼び方では何というか、知っていますか? 旧暦の時に使われていた各月の呼び名(和風月名)は、気候や祭事などに関わりのある言葉をつけたものが多く、日本の豊かな季節を感じられるものです。由来には諸説ありますが、その一例を紹介します。
季節を感じられる「和風月名」
1月:睦月(むつき)
1月の和風名月を「睦月」といいます。正月は家族や親戚、知り合いが集まって親交を深める、「睦び(親しくする)」の月だから、という説が有力です。

2月:如月(きさらぎ)
まだ寒さが残っていて、衣をさらに重ねて着ることから、「衣更着」が「きさらぎ」の語源になったといわれています。「如月」の漢字をあてるのは、中国の2月の異称であることから。

3月:弥生(やよい)
暖かくなり、木草がいよいよ生い茂るという意味の、「弥生い(いやおい)」が「弥生(やよい)」になったとされています。

4月:卯月(うづき)
4月の和風月名は「卯月」です。卯の花が咲く月だから「卯月」だという説のほかにも、十二支の四番目「卯」からきているという説や、稲種を植える月「植月(うつき)」からという説もあります。

5月:皐月(さつき)
旧暦の5月は田植えの時期で、早苗を植える「早苗月(さなえづき)」から転化して、「皐月」と呼ばれるようになったといわれています。

6月:水無月(みなづき)
「無」は「の」という意味で、田に水を引く、「水の月」の意と言われています。また、旧暦の6月は梅雨明け後の夏の盛りであることから、水がかれてなくなる月の意という説もあります。

7月:文月(ふみづき)
短冊に詩歌を書く七夕の行事から。また、稲の穂が実る月「穂含月(ほふみづき)」が転じて「文月」になったという説も。

8月:葉月(はづき)
木の葉が紅葉して落ちる「葉落ち月(はおちづき)」を略して。現在では8月は夏真っ盛りですが、旧暦では秋の時期でした。

9月:長月(ながつき)
秋になり夜が長くなることから、「夜長月(よながづき)」を語源にしたといわれています。

10月:神無月(かんなづき)
全国の神様が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月だから、というのが通説です。一方、「無」は「の」を意味していて、「神の月」だとする説もあります。

11月:霜月(しもつき)
文字通り、霜が降りる月であることから「霜月」に。

12月:師走(しわす)
一年の終わりで、法師やお師匠さんなどが慌ただしくなることから。

いかがでしたか? 「和風月名」の由来にはいろいろな説がありますが、昔の日本人の季節感や文化が感じられて、とても興味深いですよね。「4月は卯月っていったんだよ」などと、お子さんとの会話の小ネタにも使ってみてくださいね。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事