トレンド

『土屋鞄製造所』のランドセル。2019年入学用モデルが公開中&注文受付スタート!

1-2.jpg

「保育園もラスト1年。来年はついに小学生!」ー。春になり、最近そんな声をよく聞きます。そこで話題となるのはそう、ランドセル。mammemo読者なら真っ先にチェックしたいメーカー『土屋鞄製造所』の2019年入学用モデルが、4月18日(水)より店舗とWEBオンラインショップにて注文受付を開始します。

2019年の新色は高級感漂うシックなカラー
『土屋鞄製造所』の2019年入学用モデルは、全部で56種類。牛革、コードバン、クラリーノ®・エフ、ヌメ革など多様な素材で、丈夫で使い心地のよいランドセルを展開します。
空や木々、花など、自然の色からイメージを膨らませたシリーズ「牛革 プレミアムカラー」(全12色 74,000円【税込み】)には、新色の“マロン”が加わりました。森の木の実をイメージした、こっくりと柔らかな茶色はとっても上品。男の子も女の子も、6年間飽きることなく愛用できそうです。
●IMG_6604_2-1.jpg


「コードバン アンティークモデル」(全2色 105,000円【税込み】)は、ママから「懐かしい!」という声があがりそうなレトロな雰囲気が魅力。重厚な赤を目指した新色“セピアレッド”が登場しました。
『土屋鞄製造所』がアーティストといっしょに製作する「アトリエ®」シリーズは、フタを開けると華やかなイラストが現れるというハッピーなランドセル♪ 素材は「イタリアンレザー」(全5色 76,000円【税込み】)と「クラリーノ・エフ」(全4色 69,000円【税込み】)の2種類あり、2019年はテキスタイルデザイナーのシミズダニヤスノブ氏、菊池留美子氏、安原ちひろ氏とコラボレート。それぞれに子どもたちへの思いが込められたイラスト3柄を採用しています。
4-1.jpg


『土屋鞄製造所』のランドセル
創業は1965年。半世紀以上にわたり、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける『土屋鞄製造所』。子どもたちが6年間安心して使えるよう、丈夫でシンプルなものづくりを大切にする老舗のランドセルメーカーです。
150以上のパーツを使用し、300を超える工程をひとつひとつ丁寧に重ねていく職人たち。そうして生まれたランドセルは、上質で美しいのはもちろん、子どもたちへの愛情もたっぷり。やさしい素材と体への負担が少ない設計で、背負いごこちも格別。使うほど愛着がわくような宝物です。

最後にひとつ、嬉しいお知らせ。職人が手作業でつくる『土屋鞄製造所』のランドセルですが、~5月15日(火)までは全ての製品の注文を受け付けてもらえるそう! 売り切れを気にすることなく、じっくり吟味してオーダーすることができます。
(*「コードバンつや有り仕上げ」のみ数に限りがあるため、5月15日(火)以前に完売の可能性があります)
WEBでは、2019年入学用モデルの全ラインナップが公開中。ぜひチェックして、子どもの未来の姿に胸を膨らませてくださいね♡





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事