ライフスタイル

スマートに払いましょ! 海外旅行、チップの支払い方~アメリカの場合~

Fotolia_76595814_Subscription_Monthly_M.jpg

海外のレストランでは、サービスを受けたお客様からチップを支払うのが常識です! 日本では、サービスなんて当たり前という意識があるので、考えられないルールですが、海外のレストランではマナーのひとつです。もちろん、みなさんもご存知だとは思いますが、今回、改めてアメリカ在住の筆者がこのチップという風習についてお伝えしたいと思います。
今さら聞けない!「チップ」って何?
そもそも「チップ」って何? というところから説明します。これは決して、制度や義務ではありません。自分が受けたサービスに対して、感謝の気持ちを表す方法なので、例えばあなたが何か理由があってチップを払わなかった場合「なぜ払わないの?」と聞かれる可能性があります。アメリカのサービス業で働く人々は、チップから得られる収入が大半を占めており、雇用先からの時給は低く設定されています。そのため、接客業に付く多くの人々は、サービスすることに対して一生懸命に取り組んでいます。チップがもらえることを前提に働いているので、文化や給与システムの違いを知っておくとよいでしょう。

Fotolia_177375750_Subscription_Monthly_M.jpg


具体的にどのくらい支払えばいいの?
では、具体的にいくらくらいを払うのが相場? ということになりますが…。例えば、カフェやファミレスのようにカジュアルなレストランの場合、お食事合計金額+10〜15%が一般的です。ちなみに、マクドナルドやスターバックスなどのファストフードではチップは不要です。次に、もう少しかしこまった感じのレストランになると+15〜25%と上がります。例えば、比較的安定したサービスを受けやすい日本食レストランだと18%もしくは20%以上が一般的です。

ちょっと待って! チップはレストランだけじゃない!?
この「チップ」という風習、飲食店だけではないのです。例えば、滞在先のホテルだとベルボーイやルームサービス、ハウスキーピングさんにそれぞれ1〜2ドル。こちらは、みなさんが海外旅行先で比較的当たり前に渡しているのではないでしょうか。タクシードライバーさんには15〜20%、旅行などでツアーガイドさんにお世話になった場合は5〜15%が一般的です。もちろんサービスに納得がいかず、少なく払わざるを得ない場合もあるかもしれませんが、もし受けたサービスに対して満足したのであれば、相場よりも多めのチップを払うことをオススメします。チップの計算方法に慣れないという方は、伝票の合計金額のTAX(税金)にあたる金額を見てください。その『2倍』がおよそ15〜18%になります。

このように、海外ではレストランなどの飲食店に限らずチップを支払う場面に度々遭遇します。もちろん現金ではなくカードで支払いもできますが、もし現金での支払いをしたい場合はあらかじめチップ代用に1ドル札や5ドル札など細かいお札をお財布に準備しておくと便利です。また、カードで支払いをしたい場合は、もちろんカードでもチップの支払いができます。伝票に『チップ』の記入欄がありますのでそこに『何%』支払いたいかを記入します。日本人にとってはなかなか慣れない風習ですが、海外旅行などの際は、このような文化の違いもぜひ楽しんでみてください。チップは、サービスに対する感謝の気持ちだということをお忘れなく…。

PHOTO/Fotolia

人気記事ランキング

最近の記事