子育て

やっぱり気持ちが一番! ほっこり気分になれる母の日エピソード

母の日記事.jpg

まもなく迎える母の日。高価な食事や贈り物、もちろんカーネーションをいただけることも嬉しいのですが、ママ達が心から癒やされるのは「家族から想われている」という気持ちを感じられる時だったりします。そんなほっこり気分を味わえるエピソードをご紹介したいと思います。


男子総出でママをお姫様扱い
やんちゃな男子二人を育てるAさんは、毎年母の日だけ「姫」に変身します。朝起きたら日頃会えない友人との外出。美味しいランチを食べて夕方帰宅すると、家はきれいに掃除され、お風呂も磨かれた我が家でエプロンをつけたパパと男子二人が待ち受けています。「ママ、いつもありがとう」とチョコペンで書かれたお手製のケーキとともに苦心がうかがえる夕食が振る舞われ、後片付けもせず、一番風呂でゆったり気分。やり慣れない家事と食事作りで疲労困憊なパパと兄弟の様子が「毎年本当に愛しい」と思える一日ということです。

兄妹のはじめてのおつかい
ケンカばかりしている兄妹の母であるBさんはシングルマザー。パパが先導してママをおもてなしする家庭が多い中、B家では毎年何事もなく一日を終えていました。ところが”母の日はママに感謝を伝える日らしい”という情報をつかんだ兄が妹とおもてなしを計画。少ないおこづかいを出し合い、妹とはじめてのおつかいへ。プレゼントは「食材」。きちんと冷蔵庫をチェックし、ママが喜びそうな食材をスーパーで相談しながら選んだとのこと。「いつもありがとう。ママのご飯が大好き」と言われて、その気持ちが嬉しく、プレゼントの食材をたっぷり使った夕食でお祝いしたそうです。

散々な一日に沁みたメッセージ
母の日だというのにCさんは朝から食べ物をこぼす、暴れて物を壊す息子に手を焼き、夕方やっと眠った頃には家中が散々な状態、という一日を過ごしていました。ソファに座って遠い目をしたところ、ピンポンとチャイムが。素敵な花束とともに「いつも わんぱく ごめんなさい」という息子の名前で書かれたメッセージが添えられていたそうです。もちろんパパの粋なはからいだったのですが、気持ちが落ちていたCさんには何よりの励ましになり「また張り切っていこう!」とそれから10年経った今でも大切にそのメッセージカードを持っているということです。

ママへの想いの伝え方はそれぞれですが、記事を参考に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。