トレンド

絵本きっかけで子どもとクッキング! 「くまさんアイス」編

IMG_3754.JPG

夏が近づくと食べたくなるものといえば、アイスクリーム! そんなアイスクリームが、より楽しく食べられる絵本「くまさんアイス」をご紹介します。お話を読んだ後は、子どもと実際に「くまさんアイス」を作って食べてみましょう!


絵本「くまさんアイス」とりごえ まり
こぶたのプリンくんが、友達みんなと食べるおやつを買いに出かけます。無事に、くまさんの顔の形のかわいいアイスクリーム「くまさんアイス」を買いますが、その後、いろんなお店やおうちから声をかけられて寄り道。その先々でおいしそうなおやつをすすめられるものの「くまさんアイスがいちばんさ」と、おうちに帰ってきます。でも、「くまさんアイス」は溶けてしまっていて涙……そこで、おかあさんが新たな「くまさんアイス」を作り上げる! というお話です。プリンくんの愛らしいキャラクターに、次々と現れるおいしそうなおやつ、さらに温かいエピソードが心に残る一冊です。

「くまさんアイス」を作ってみよう
おかあさんが作り上げる「くまさんアイス」は、巻末にレシピが掲載されているので、実際に作って食べることができます! とっても簡単なので、子どもと一緒に作れますよ。
詳しい作り方は巻末をご覧いただきたいのですが、我が家では少しサイズをアレンジして作ってみました。

1.アイスクリームを買ってきて、少し柔らかくなるまで待ちます。二人分なら200mlくらい(大きめのカップアイス1個ぶん)のアイスクリームで作ることができますよ。
2.絵本では大きな「くまさんアイス」を作っていたので、「おおきいボール(体)、ちゅうくらいのボール(頭)、ちいさいカップふたつ(耳)にラップをしき、アイスクリームをいれます」とレシピにはありますが、親子二人で食べるには、もう少し小さくても十分。ということで、我が家では、深めのお椀(体)、子ども用のマグカップ(頭)、100均で買った「フリフリおにぎり型」(耳)を使用しました。これで、くまさんの上半身を作ります! 子どもも一緒に、アイスクリームを詰め詰め。
IMG_3876.JPG

IMG_3878.JPG

3.2で詰めたアイスクリームを冷凍庫に入れ、固くなるまでひと晩待ちます。
4.固まったら、いれものとラップの間にスプーンを入れてアイスクリームを取り出します。
5.くまさんの形になるように、大きいものから小さいものという順番に重ねていきます。
6.おかしを使って、顔や手を作ったら、くまさんアイスのできあがり!
IMG_3880.JPG

……しかし、簡単に子どもと一緒にできるかと思いきや、結構てんやわんや。写真を見るとわかると思いますが、飾っているうちに溶けてくるわ、子どもの「はやくたべたいー!」コールが飛ぶわで、焦ってやったら、口がかわいそうなことになってしまいました……。
ちなみに、今回はチョコペンとレーズンで飾りましたが、速度が命ということを考えると、チョコペンよりチョコスプレーの方がよかったかもしれません。

筆者はドタバタな結果になりましたが、普通にバニラアイスを食べるよりは、テンションが上がることは確かです。夏のお手軽なお楽しみとして「くまさんアイス」を覚えておくと、きっと便利ですよ!



人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。