トレンド

「いないいないばあっ!」の新曲「ポポポポポーズ」。作詞作曲はGReeeeN!

Fotolia_71912440_Subscription_Monthly_M.jpg

NHK Eテレ「いないいないばあっ!」で、4月から流れている新曲「ポポポポポーズ」。この楽曲、なんと作詞作曲がGReeeeNなんです。「いないいないばあっ!」らしさとGReeeeNらしさが、見事に溶け合ったこの楽曲の魅力に迫ります!


写真を撮る時に歌えば、盛り上がること間違いなし!
これまでも「いないいないばあっ!」には、意外なアーティストが楽曲を提供してきました。ゆずの北川悠仁さんが作詞作曲し、子どもまで魅了するポップスターのスキルを全開にした「かんぱーい!!」「じゃんじゃん!ジャンプ!!」。関根勤さんが作詞、Kさんが作曲という、リアルな家族がタッグを組んだからこそ生まれるほのぼの感が貴重な「ほめられちゃった」。これらの提供楽曲からは、「いないいないばあっ!」だからこそ聴ける、アーティストの知られざる素顔や、未知の可能性が感じられました。
このたびGReeeeNが手掛けた「ポポポポポーズ」も、そこに連なる楽曲です。GReeeeNは、言わずと知れたJ-POPを代表する存在ですが、その魅力を究極にポップに落とし込んだ楽曲こそが「ポポポポポーズ」だと思います。
「いないいないばあっ!」の楽曲は、子どもにもわかりやすいシチュエーションを描いているものや、子どもに何かを促す際に歌いたくなるものが多いです。この「ポポポポポーズ」は、写真などを撮影する時間を、より楽しく彩ってくれそう。《みんなでポポポポポーズ》と歌いながら集合写真を撮れば、きっと盛り上がるはず!
それ以外の歌詞にも、《グーチョキパー》《エイエイオー》《はいピース》《ばんばんざい》など、子どもがポーズをとりやすいキーワードが満載です。特に、最後を《じゃーん》で締めるあたりは、子ども心をわかっているなあ……と感動してしまいました。

GReeeeNらしさと子ども心の相性の良さ
それでいて、速いテンポや歌の譜割りなどには、GReeeeNらしさが貫かれています。子どもが歌うには難しいかも……と思ってしまうかもしれませんが、子どもを見ていると、意外とこういうところに引き付けられているんですよね!
そんなGReeeeNらしさと子ども心を特に結び付けているポイントが、曲中にある《へんてこたいそう》。番組ではワンワン、ゆきちゃん、うーたんが踊っていますが、ここに「音楽は自由に楽しんでいいんだよ!」という、GReeeeNから子どもたちに向けたメッセージが表れている気がします。
また、歌詞やメロディだけではなく、トラックもユーモラスです。音楽好きなママは、ぜひ耳を澄まして聴いてみてください!

これまでも、NEWSの「weeeek」など、楽曲提供においても才能を発揮してきたGReeeeN。その最新版である「ポポポポポーズ」、ぜひチェックしてみてくださいね!

PHOTO/Fotolia



人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。