ライフスタイル

みんなの「乾電池収納」がヒント!〜使う時を考えた5パターン〜

IMG_4517.jpg

家中のリモコンや時計などに使っている乾電池。いつ使うかわからないけれど、常にストックしておきたいモノです。でもこれ、置き場所(定位置)を決めていない家も多く、いざ使いたい時に慌てて探しがちなアイテム。使う時にすぐ取り出せて、在庫量もすぐ分かる収納法を5パターンご紹介したいと思います。


[ヒント.1]今すぐマネしたい「ポリ袋収納」とママの気持ち!
sui__stoneさんの場合
「以前は非常用でしかなかった乾電池のストックも、子どものためにストックしておきたい」とsui__stoneさん。音の出る絵本やおもちゃのために、すぐに準備できるようにしていると聞くと、今すぐやる気力が湧きますよね!

suiさん(@sui__stone)がシェアした投稿 -



[ヒント.2]ワンアクションで取り出す「引き出し収納」
mami_naaraさんの場合
整理収納アドバイザーとして活躍するプロの収納法です! 無印良品のポリプロピレン小物収納ボックス6段(¥2,490【税込み】ライター調べ)に、種類別にラベリングして収めています。引き出しを開けてから、箱を開けるよりも「ワンアクション」で取り出すことができます。

Mamiさん(@mami_naara)がシェアした投稿 -



[ヒント.3]セリアの「SDカードケース」がぴったり!
jo_se_000さんの場合
セリアのSDカードケースが、乾電池収納にぴったり! 単3電池なら8本、単4電池なら11本入るそうです。スリムなケースなので、収納する場所にも悩まなそうですね。見映え的にもオシャレなので、楽しい気持ちになれます。

JOSE_kurashiさん(@jo_se_000)がシェアした投稿 -



[ヒント.4]100円ショップの「乾電池ストッカー」で見える収納に!
100円ショップで購入した乾電池ストッカーに、IKEAのダッリデン デコレーションシール(¥499【税込み】ライター調べ)の中から、乾電池シールを貼って使っています。透明の箱なので、在庫量もひと目で把握できます。


[ヒント.5]無印の「キャリーボックス」にまとめた、電池交換セット!
片手で持ち運びしやすい、無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックス(¥999【税込み】ライター調べ)。「子ども用おもちゃの電池交換で、蓋を開けるドライバーも必要だから」と電池と工具をひとまとめに収納したaki_hagu_houseさん。なるほど! 使う時のことを考えると、大正解ですよね!

Aki♡さん(@aki_hagu_house)がシェアした投稿 -



5つの収納パターンはいかがでしたか? みんなの共通点に気が付きましたか? どれも、使う時のコトを考えてビニール袋を外しています。乾電池は災害時にも必要なので、このような取り出しやすい収納法が大切です。今回ご紹介した収納箱に限らず、お菓子の缶や箱など家にあるモノでも大丈夫です。家族みんなが「どこにあるかが分かる」ことが大切です。

PHOTO/ito maki



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。