ファッション

春夏の定番、かごバッグ。ママはどんなのを買うべき?

20170325140504758_500.jpg

春夏ファッションの季節感を盛り上げてくれるアイテム、かごバッグ。文句ナシにかわいい定番アイテムですが、ママバッグとして持ちやすいかといえば、決してそうでなかったりも……。とはいえ探せばあるんです、ママライフにぴったりのかごバッグが。チェックすべきポイントは、こちら!
やっぱりショルダータイプが便利
20180409064156751_500.jpg

両手が空くショルダータイプは、ママライフには必要不可欠なバッグです。かごバッグもショルダータイプなら、活躍してくれること間違いなし。スマホやお財布などの貴重品が最低限入るくらいのコンパクトサイズのかごバッグなら、コーデのアクセントに。他の荷物は、軽めのママバッグにまとめてすっきりと。

ラウンドフォルムが今年らしい!
20180410153011727_500.jpg

今年らしさを優先させたいのなら、狙うはラウンドフォルム。ころんとした丸い形がコーディネートにインパクトを与えてくれて、即時に今っぽい雰囲気に。ママが選ぶなら、素材をチェック。軽くてやわらかいものがオススメです。

持ちやすさならひもストラップのものを
20180418130924510_500.jpg

子どもを連れつつアクティブに動き、さらに荷物も多い……そんなママにとっては、いかに持ちやすいバッグかというのは重要ポイント。持ちやすさを考えるのなら、持ち手に注目。疲れにくいのは持ち手がひもになったタイプです。

アクセで自分らしくカスタマイズ♡
20180414184915984_500.jpg

シンプルにまとまってしまいがちなカゴバッグ。少しアクセントをつけてより自分らしく持ちたいのなら、カラフルなアクセサリーでカスタマイズするのも楽しい。スカーフやキーホルダーなどで、その日の気分やコーデに合わせて手軽にカスタマイズを。

ピクニックの日はマチ付きのものを
20180413210925992_500.jpg

これからの季節は、公園や芝生でのアウトドアが楽しい季節。お弁当やお菓子を持ち寄ってピクニック……。そんな日は、マチがしっかりとしたカゴバッグでテンションをあげるのもいいですね。普段使わないときは、おもちゃや小物入れにするのもアリです。

ひとえにかごバッグといっても、いろいろあります。さて、今年はどんなものを選びますか?

出典/WEAR
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事