子育て

ベビーカーで退院もできちゃう! エアバギーの新生児モデル新発売!

safari-fb.jpg

操作性の良さと、おしゃれなデザインで大人気の3輪ベビーカー『エアバギー』。今までのモデルはベビーの首がすわる生後約3ヶ月からの使用が可能でしたが、多くのリクエストにより生後0ヶ月から使用できるニューモデルが生まれました!
ユーザーの声を受けた新シリーズ『エアバギー ココ フロムバース』誕生!

昔は「赤ちゃんは3ヶ月まであまり連れ回さないで」と言われたものでしたが、近年は労働環境の変化から早くに職場復帰するママが急増。それにともない低月齢の赤ちゃんが外出する機会が増えています。

また英国キャサリン妃による出産当日のベビーお披露目など、欧米では小さなうちから積極的に外に出ることが知られるようになり、グローバルな観点からも新生児ベビーカーへのニーズは高まる一方。

そんな声を受けて遂に誕生したのが『エアバギー ココ フロムバース』です!

brake-fb.jpg


新生児に嬉しい機能がいっぱい!

『エアバギー ココ フロムバース』は、生まれたての赤ちゃんが快適に過ごせるよう、様々な新機能を搭載。

1.フレキシブルリクライニング

img_point_1.jpg

まずはシートから。従来の2段階切り替え式から115度〜155度の間で自由に角度が調整できる「フレキシブルリクライニング」を採用。赤ちゃんの様々なシチュエーションに応じて調節できます。

2.オープンハーネス

img_point_2.jpg

5点式シートベルトを外した際に、肩パッドと股パッドが自然に立ち上がる「オープンハーネス」機能を装備。それにより、首のすわっていない新生児の乗せおろしもスムーズに行うことができます。

3.コンフォートクッション

img_point_3.jpg

座面と背もたれには、通気性に優れたエアメッシュクッションを使用。クッションの厚みを従来比より25%アップし、乗り心地とサポート力を向上させました。

4. UVカットキャノピー

img_point_4.jpg

UVカット率99%以上、UPF50+のサンキャノピーを採用。紫外線から赤ちゃんの肌を守ります。これからの季節に嬉しい機能ですよね!

5.バスケットファブリック

img_point_5.jpg

シート下には17リットルの大容量バスケットを標準装備。荷物の多い新生児とのお出かけでも安心。ファブリックもシートと同素材なので、全体に統一感がありおしゃれに仕上がりました。

双子用もあり! 選べる3タイプ

ラインナップは3タイプ。

0025_AIRBUGGY_COCO_BRAKE_FB_EARTHGREY_FRONT.png

ハンドルとドリンクホルダーにキャメル色をセレクトした優しい印象の『ココブレーキエクストラ フロムバース』(¥69,000【税抜き】)。

0015_AIRBUGGY_COCO_PREMIER_FB_EARTHGREY_FRONT.png

ブラックフレームにレザーのハンドルがシックな『ココプレミア フロムバース』(¥75,000【税抜き】)。

0019_AIRBUGGY_COCO_DOUBLE_FB_EARTHGREY_FRONT.png

さらに双子ちゃん用の『ココダブル フロムバース』(¥80,000【税抜き】)も。

販売はエアバギー直営店やオンラインストアをはじめ、百貨店やベビー用品店でも取り扱いあり。ぜひチェックしてみて下さいね。





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事