トレンド

もうすぐ梅雨…雨の日の読み聞かせにぴったりな絵本3冊を紹介!

Fotolia_197425623_Subscription_Monthly_M.jpg

もうすぐ来る梅雨。雨が続くと洗濯物を外で気持ちよく干せなかったり、外遊びができなかったり…親子共に憂鬱な気分になってしまいがちですよね。
今回はそんな“雨”にまつわる絵本を3冊ご紹介。どれも沈んだ気分がふっと軽くなるような可愛らしい物語です。

【コッコさんとあめふり】作・絵/片山 健
毎日降り続く雨がやんでほしくて、コッコさんはてるてるぼうずを作ります。それでもなかなかやまない雨。そこでてるてるぼうずの中に手紙や宝物を詰め込んでお願いしてみるのですが、翌日も外は雨模様。まるまる太ってしまったてるてるぼうずの姿を見て、疲れているのかな? と思ったコッコさんはてるてるぼうずを休ませてあげることにします。

誰もが1度は作ったことがあるであろう、てるてるぼうず。読んでいると子どもの頃にてるてるぼうずを吊るし、“明日は晴れますように”と願った時の感情がじんわり蘇ってきます。
子どもの純粋さと健気さに心がホッと温まる物語。
コッコさんとあめふり (幼児絵本シリーズ) [ 片山健(絵本作家) ] - 楽天ブックス
コッコさんとあめふり (幼児絵本シリーズ) [ 片山健(絵本作家) ] - 楽天ブックス

【カエルのおでかけ】作・絵/高畠那生
人間にとっては憂鬱な雨だって、カエルにとってはいい天気! この絵本はカエルが雨の中をウキウキとお出かけする話です。ザーザー降りの街中を鼻歌混じりに自転車で走ったり、公園にイスを出して雨でびしょびしょになってしまったカツバーガーをおいしそうにほおばったり…人間とはあべこべの行動に子どもは興味をそそられること間違いなしです。

挿絵のインパクトが抜群で、お出かけ中に雨がやんでしまい慌てふためくカエルの姿には思わずぷぷっと笑ってしまいます。
お子さまにとって、雨の日の見方がかわるかもしれません。
カエルのおでかけ/高畠那生【1000円以上送料無料】 - bookfan 2号店 楽天市場店
カエルのおでかけ/高畠那生【1000円以上送料無料】 - bookfan 2号店 楽天市場店

【あかいかさ】作・絵/ロバート・ブライト 訳/清水 真砂子
突然降ってきた雨。赤い傘をさした女の子の元には、傘に入れてほしい動物達が次々に集まってきます。こいぬやこひつじだけでなく、なんと大きなくままでやってきて傘の中は賑やかに。しばらくして雨がやむと、傘の中にいた動物達は帰っていきます。

とてもシンプルなストーリーですが、実は動物が増えるごとに少しずつ傘が大きくなっていたり、赤い傘に似た赤いきのこの下では虫たちが雨宿りしていたりと、挿絵の中には子どもの喜ぶ要素が散りばめられています。
あかいかさ (海外秀作絵本) [ ロバート・ブライト ] - 楽天ブックス
あかいかさ (海外秀作絵本) [ ロバート・ブライト ] - 楽天ブックス


気になる絵本はありましたか?
雨の日の親子時間にぴったりの3冊、是非本屋や図書館で探してみてください。

PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事