トレンド

雨を感じて歩きたくなる! 雨の日のお散歩絵本4選

Fotolia_171013925_Subscription_Monthly_M.jpg

雨が続くと、おうちの中で過ごすことが多くなり、ママも子どももストレスがたまりがちに…。そんなときは思い切って、雨の中、お散歩に出かけてもいいかもしれません! 今回は、「雨の日のお散歩」をテーマに絵本をセレクト。雨の日を楽しく過ごすヒントが見つかるかもしれませんよ。


あめ ぽぽぽ
あめ ぽぽぽ (はじめてであうえほんシリーズ)
あめ ぽぽぽ (はじめてであうえほんシリーズ)

雨の日に、男の子はママと一緒に公園へ。ぽぽぽ、ぱちゃぽちょ、ぽとぽと…、いろんな音が聞こえてきます。絵本の作者は歌人の東直子さん。言葉のリズムが心地よく、聞いている子どもも、読み聞かせているママも、温かい気持ちになれる絵本です。よく見ると雨粒に顔が描かれていて、遊び心のある絵も素敵。

バルボンさんのおさんぽ
バルボンさんのおさんぽ (ワニのバルボン)
バルボンさんのおさんぽ (ワニのバルボン)

ひさしぶりの雨、ワニのバルボンさんはごきげんで、家族と一緒に雨のお散歩を楽しみます。「雨の日のお散歩、楽しそう~!」と感じさせてくれる絵本。名前を呼ばれて、一匹ずつ出てくる繰り返しも楽しいです。作者は、「ももんちゃん あそぼう」シリーズなどで有名な、とよたかずひこさん。ほのぼのとしたタッチで、こわいはずのワニがとても愛らしく描かれています。

ぞうくんのあめふりさんぽ
ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)
ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)

雨の中、お散歩に出かけたぞうくん。かばくんと一緒に池の中を散歩しますが、だんだん深くなってきて、泳げないぞうくんは困ってしまいます…。シンプルですが、子ども心をギュッとつかむストーリー展開で、ママも楽しく読み聞かせができる絵本です。最後は雨の中、みんなで水遊びをして盛り上がります!


おじさんのかさ
おじさんのかさ (講談社の創作絵本)
おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

立派な傘をぬらしたくないおじさんは、雨が降っても傘をさしません。でもある雨の日、子どもたちの歌を聞いたおじさんが、初めて傘を広げてみると…。傘を打つ雨の音に心躍らせるおじさんの様子が生き生きと伝わってきます。本当に絵本のような音が聞こえてくるのか、子どもと一緒に試してみたくなる一冊です。

いかがでしたか。雨の日のお散歩をテーマにした絵本は、実はけっこうあるんです。それだけ雨の日散歩が「楽しい!」ということなのかもしれませんね。今回紹介した絵本を読んで、実際に雨の日のお散歩を楽しんでみてもいいですね!

PHOTO/Fotolia




人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。