ライフスタイル

なんで「たなばた」って言うの? 笹の節句のあれこれうんちく

Fotolia_155672229_Subscription_Monthly_M.jpg


「笹の節句」とも呼ばれる「七夕」。なぜ「たなばた」と呼ばれるようになったのか、なぜ笹を飾るのか、気になる「七夕」のアレコレについてお送りします。
織姫と彦星の物語が、七夕の由来
天の川の西岸に住む、機織りの名人であった織姫と、東岸に住む牛使いの青年・彦星。ふたりはめでたく夫婦になりましたが、愛情が深すぎて、互いの仕事をおろそかにするようになりました。そのことを起こった天帝(神様)が、ふたりを引き離し、年に1度、七夕の夜だけ、逢うことを許した――皆様もご存知の、中国で作られたこの物語が、七夕祭りの由来です。

中国ではふたりが出会う夜を祝い、お供え物と、その目印となる笹竹を立てて五色の糸で飾り、習い事や技術が向上することを願う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事を催すようになりました。この行事が日本に伝わり、日本古来からある祖霊を迎える習慣などが合わさり、現在のような行事に変化してきたとされています。
7月7日に行われるのは、このように同じ数字が重なる日が、中国では古来から吉日とされてきたため。また、旧暦の7月7日頃に、織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)がとくに鮮やかに輝くことから、この日に「乞巧奠」の行事を行うようになったといいます。

日本で「七夕(本来の読みはしちせき)」を「たなばた」と読むのは、機織りに使う「棚機(たなばた)」という機械の名前に由来するという説もあります。「棚機」とは、神社等で神に仕える際に使う着物を織る機械で、穢れなき乙女のみがこれを使って機を織ることを許されていました。このことが、中国から伝来した織姫の話と結びつき、「七夕」という漢字に「たなばた」という読みを当てたといわれています。

短冊ではなく梶の葉に願いごとを書くのがツウ!
まだ「紙」が高価で一般的ではなかった時代には、今のような短冊ではなく、「梶」という木の葉っぱに歌や願いをしたため、星に捧げていました。願いごとを短冊に書くようになったのは、江戸時代に入ってからのこと。サトイモの葉っぱにたまった夜露を集めて墨をすり、短冊に願いごとを書き、笹にぶら下げるようになりました。
短冊とともにカラフルな吹き流しや、つないだ輪っかを下げるのは、「乞巧奠」で飾った5色の糸の代わりになります。この5色は、中国の陰陽五行からきている「赤、青、黄、白、黒」ですが、黒は縁起が悪いから……と、「紫」を使うのが一般的になっています。

ちなみに、由来からも分かるように、七夕でお願いできるのは「絵が上手になりますように」といった、芸ごと、習い事の上達についてです。「お金持ちになりますように」なんて願うのは筋違いとも言えるので、子どもたちにしっかり言い聞かせておきましょう!
PHOTO/Fotolia


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事