ライフスタイル

これってマナー違反なの? 電車内での飲食について

Fotolia_107419115_Subscription_Monthly_M.jpg

お昼過ぎの山手線内で、マクドナルドの袋に入ったポテトをむしゃむしゃと食べる20代くらいの女性を見かけたことがあります。ポテトの匂いが社内に充満し、不快そうにする人、食べたくなったのか「マック行きたい!」と騒ぐ子供たち、無の境地に陥るサラリーマン……と、反応は様々でした。では……こうした電車内での飲食は、OKなのでしょうか、NGなのでしょうか。


どこからが迷惑行為? 車内飲食は賛否両論!
JRや小田急線などの電車内で飲食物の販売を行っている車両では、飲食は禁止されていません。ただし、たこ焼きや肉まん、ファストフードといった、臭いの強いものに関しては、控えるのが「マナー」とされ、近年では、「電車内で食べるのはおやめください」といった注意喚起が行われるメニューも出てきています。タバコの臭いや香水の匂いが不快だと思う人が多いのと同様に、臭いの強い食べ物に対して、不快に思う人も多いもの。あまり臭いの強いものは電車内に持ち込まないよう注意しましょう。

飲み物で言えば、ウイスキーやコーヒーなども香りが強いので要注意。車内販売ではフタ付きのカップで提供されますので、フタを取らず、香りをまき散らさないよう注意しながら飲むようにしましょう。

法律上のNGはナシ。あくまでもマナーの範疇です!
全国の鉄道会社の多くは、基本的に「車内での飲食はご遠慮ください」と記載しています。しかし、これはあくまでもマナー向上のための注意であり、法律で決められている、というものではありません。
真夏に1時間2時間電車に乗らなければならない……というときに、車内だからと水を飲むことを控えてしまい、脱水症状で倒れてしまっては本末転倒ですから、周りにまき散らしながら飲んだりしないよう心掛ければ問題ありません。

食べている人を責めるほうが、質が悪いことを覚えておきましょう
自分の思い通りにならないことが起こると、相手を異常なまでに責め立ててしまう、そんな悪い風潮が日本中に蔓延しつつあります。今回のような車内での飲食も同様に、ネット上で様々な論戦が繰り広げられ、中にはひどい口調で、飲食を行うことを責める人もいるようです。しかし、先に述べたように、あくまでも「マナーの範疇」ですから、たとえば新幹線でお弁当やおにぎりを食べる、山手線でキャンディーを食べる、子どもがぐずらないようにおやつを与える、地下鉄車内でジュースを飲む……という、常識的な範囲内であれば、あれこれと責め立てるのはおかしなこと。また、明らかなマナー違反があったとしても、それを注意するのは乗客ではなく、鉄道会社の人がするべきことです。

日本民営鉄道協会の調べによると、「駅と電車内の迷惑行為ランキング」の1位は「騒々しい会話」、2位は「携帯電話・スマホの操作」となり、電車内での飲食は13位と低い結果に終わっています。他人に「飲食するな!!」と文句を言う前に、大声でしゃべっていないか、スマホをむやみにいじって不快感を与えていないか、自分のマナーからまず、見直してみましょう。
PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。