ライフスタイル

【予算300円】扉タイプのキッチン収納術! シンク下は「突っ張り棒」ですっきり!

IMG_5930.jpg

キッチンの収納が、引き出しタイプの家も増えていますが、まだまだ扉タイプの家が多いと思います。筆者も整理収納アドバイザーとして多数の家のシンク下を拝見しましたが、排水トラップが邪魔でスペースを上手く使い切れていない家が多いようです。


扉タイプの「シンク下収納」には、どんな方法があるの?
扉タイプのシンク下収納には、いろいろな収納法があります。例えば、①コの字ラックを組み合わせる②カゴを積み重ねる③引き出し式の収納ボックスを重ねる④DIYで棚を作る⑤伸縮棚を買うなどです。とはいえ、考え方や使い方も違うので正解はありません。また「安く済ませたい」、「次の家で使えなくなるモノは、もったいない」と考える家も多いと思います。そんな時におすすめしたいのが、「突っ張り棒」です。

【Before】雑然とした「シンク下収納」をすっきり機能的にしたい!
01.jpg

写真上は、Aさん宅の「シンク下収納(ビフォー)」です。扉タイプの空間は、横87cm☓高さ48cm☓奥行き44cmあります。この使い方は、デッドスペースが多くてもったいないですよね。また、Aさん自身も「収納の仕方がわからず、使いにくい」とお悩みです。

【予算300円】横幅120cm未満なら、「突っ張り棒」だけで大丈夫!
IMG_5930.jpg

用意したのは、100円ショップで購入できる突っ張り棒(85~120cmサイズ)を2本と、セリアのワイヤーネット(約W51.5☓40.5cm)1枚の合計300円です。また、ワイヤーネットを固定する結束バンド(4本)も用意します。突っ張り棒を左右の壁に設置して、強く固定します。この上に、ワイヤーネットを置いて結束バンドでつなぎます。

【After】軽めのモノを収納するなら、これぐらいで十分!
01_2.jpg

Aさん宅の「シンク下収納(アフター)」です。扉内の両サイドにある壁面までの距離が、120cm未満のシンクならこれぐらいの強度で十分です。この場合、突っ張り棒の上には軽めのモノを置くようにしてください。さらに安定感を増したいのなら、100円ショップにある「防振粘着マット」を挟んでも効果的です。

【その他】両サイドの壁が離れている場合、ワイヤーネットで壁を作る!
IMG_5932.jpg

扉内の両サイドにある壁面までの距離が離れているケース(120cm以上)もあります。そんな時は、空間に突っ張り棒を立ててワイヤーネットを固定し壁を作ります。そこには、ワイヤーネット※(2枚)と突っ張り棒(4本)が必要です。そしてワイヤーネットの穴に、突っ張り棒を通します。そこに棚を作るとさらにワイヤーネット(2枚)と突っ張り棒(2本)が必要となるので、予算が膨らみます。¥1,000を超えるなら、先述した「伸縮棚」のほうが簡単で頑丈です。最安で¥980~¥1,280程度<ライター調べ>なので、コスパも大差ありません。

※100円のワイヤーネットは、セリアで販売されているワイヤーラティス ワイド(約W51.5☓40.5cm)を例とします。

突っ張り棒とワイヤーネットを使った【300円】収納ラックはいかがでしたか? キッチンのシンク下の他、コンロ下、洗面所などにも活用できます。空間を区切るだけで、収納スペースを有効的に活用できます。

PHOTO/ito maki



人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。