トレンド

思わず傘を持ちたくなる! 雨の日も愉快に過ごせる絵本3選

IMG_3918.JPG

雨の日が憂鬱な理由が、準備が大変だからという人は多いでしょう。特に子どもがいると、傘にレインコートに長靴……と、必要なものがいっぱい。でも、そんな親子のテンションを上げてくれる絵本があるんです! 傘を中心としたレイングッズの活躍も描かれている3冊をご紹介します。


あめがだーいすき
この絵本に登場するのは、おてんばな女の子、泣き虫の女の子、甘えん坊の男の子、おしゃれな女の子など、様々なキャラクターです。でも、みんな、それぞれの理由で「あめがだーいすき」。たとえば、「おてんばなおんなのこは あめがだーいすき。だって、ながぐつ はいて みずたまりを ジャブジャブ あるけるから」……などなど。読んでいる子どもは、いずれかの登場人物に自分を投影できるのではないでしょうか。雨の支度や、雨のお出かけが、ポジティブに受け止められるようになる一冊です。
ほんわかかわいらしい絵のタッチも、心を温かくしてくれます。そして、クライマックスには、雨上がりに楽しみな「あれ」が描かれていて、心が躍りますよ!

あめあめふれふれねずみくん
1974年に「ねずみくんのチョッキ」が上梓されてから、長きにわたって人気を博している「ねずみくん」シリーズ。この「あめあめふれふれねずみくん」は、2013年に発表されました。
「ポチッ」と雨が降ってきて、傘をさしたねずみくん。でも、かめさん、ぞうさん、かばさん、あしかくん、あひるさん……みんなに「カサなんていらないよ」と否定されてしまいます。だけど、向こうから雨に濡れたねみちゃん(ねずみくんのガールフレンド)がやってきて……ほっこりする結末が訪れます。あまのじゃくな子どもの心と重ね合わせて読むこともできる、ママも楽しい一冊です。

ぼくはかさ
チャーミングなおばけを描いたら天下一品! せなけいこさんが手がけた一冊です。たろうちゃんに大事にされていた傘。だけど、おばけに夢中になってしまったたろうちゃんは、傘をほったらかしにしてしまいます。そこで傘は、「かさばけ」になるべく、ある行動を起こして……?というお話です。
うちの傘にも人格があるのかな? そう思ってしまうくらい、傘の表情や感情が豊かに描かれています。きっと、子どもが傘を大事に使ってくれるようになりますよ。ちなみに我が娘は、たろうちゃんが「あめのひも いっしょ。おてんきのひも いっしょ。」と傘を持ち歩く場面がお気に入りで、本当に晴れの日も傘を持ち歩くようになるという……そんな、困ったような、楽しいような影響もありました。

いかがでしょうか? 大好きな絵本とレイングッズを用意して、雨の日も愉快に乗り切りたいですね!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。