子育て

我が子が入院! ワンオペママの過酷な付き添いの現実

入院記事.jpg

最愛の我が子が、病気やけがで入院。と書くと、心配で身が縮む思いですが、筆者の息子は、過去に2度入院をした経験があります。一度目は、感染性胃腸炎による急激な脱水症状。二度目は、足の裏にできた“できもの”をとるためでした。子どもが入院をすると親はどうなるか。今回は、筆者の体験による付き添いの対応策をお伝えしたいと思います。
子どもと一緒に付き添い入院がほとんど
子どもが入院ということになると、短期的な病気やけがの場合、大体の病院が「保護者の付き添い」を求めてきます。それはもう24時間体制でのつきっきりです。我が家の息子が初めて入院を経験したのは3才の時でした。感染性胃腸炎による急な入院だったこともあり勝手が分からず、頭の中は息子の心配ばかり。とりあえずのお金だけ持ち、まさに着の身着のままで病院に突入してしまいました。幸い、まだ下の子は産まれていなかったため、息子にかかりきりになれたのですが、下痢によるおむつの交換から夜中の水分補給まで全て親がするため、入院2日目以降はよれよれ必須です。

親へのケアはほとんどありません
子どもの入院を通して驚いたことは、親へのケアがほとんどないことです。まず、親への布団あるいはベッドの供給はどの病院もほぼありません。もちろん食事もつきません。それなのに24時間、子どもの付き添いを強いられるため、正直トイレに行く時間もないほどでした。着替えを取りに帰ることも当然お風呂に入ることもできず、筆者は息子のベッド脇の床で4日間寝ました。これは後日、子どもの入院経験があるママ達と一番参った経験として話すほど衝撃的な出来事でした。幸い、筆者は実家の両親が助けに来てくれたため、少しの時間で食事を買いに出たり、床に薄いマットをひくなど対応できましたが、家族の助けがない場合は、相当な覚悟が必要といえるでしょう。

最初の入院で学んだ知識を生かせるか!?
息子が小学生になり、二度目の入院をした時は、計画入院だったことと、過去の入院経験での学びを生かし、比較的人間らしい付き添い生活を送ることができました。事前に下の子は実家に預け、自分用の着替えや簡単に食べられて日持ちする食品などを用意し、ベッドは息子に半分分けてもらい一緒に寝ました。術後の息子をトイレに連れて行ったりする以外は、ベッドで安静にしていることを見越してマンガも持ち込み、数日間の付き添い生活に対応できました。

子どもの入院は、親の入院でもあります。特にママの負担は相当なものになるので、いざという時は今回の記事を参考に自分の用意も忘れずにしましょう。

PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事