ライフスタイル

【夫婦の血液型事情シリーズ】妻がA型だった場合

Fotolia_200042029_Subscription_Monthly_M.jpg

夫婦が円満に暮らすこと。これは、ほぼ100%の女性が追い求めることでしょう。しかし、夫と妻はあくまでも他人同士であり、”あうん”の呼吸で互いを理解することは、難しいことだったりします。そんなときに、ひとつの指標となるのが「血液型」。「互いに理解しにくい部分がある」ということを理解しておくだけで、円満な夫婦生活への解決策が見つかるかもしれません。
むろん、ここで述べる内容は、人相や手相と同様に、”そういう傾向がある”と言えるだけのものになりますので――

信じるか信じないかはあなた次第です!
A型妻 VS A型夫の場合
まじめで堅実で協調性に富んだふたりが夫婦になると、互いに考え方や行動が同化。いつしか「似た者夫婦」と呼ばれるようになることも。
また、A型夫は仕事に専念したがり、妻に対しては家庭を守りながらも、自立した女性であることを求めます。そうした考えに妻が納得でき、また、育児や老後についてお互い同じ目標を持つことができれば、ケンカはすれども、長く関係を続けることができるでしょう。
しかし、とことん仲良い夫婦になれるかと思いきや、A型のカンペキ主義が邪魔をし、互いの欠点ばかりが目に付き、朝から罵りあってしまう、なんてことも……! 自分も相手もカンペキじゃない、お互い様なんだ! そう思い、多少のことには目をつむることも大切です。

A型妻 VS B型夫の場合
マイペースでユニークなB型男性に惹かれ、今後の生活に不安を感じながらも結婚を決めてしまうA型妻は多いもの。でも、行き当たりばったりで、どんぶり勘定のB型夫の相手をするうちに、不平不満が溜まってくることも。でも、そこで「普通の夫らしくしてよ!!」なんて怒ってしまうのは逆効果。なにしろB型にとって「普通に過ごす」ことほど苦しいことはないのですから。
夫婦のきずなを強くするポイントは、夫を「管理しよう」と思わないこと。「今日は何をしでかすかな?」「明日は何で楽しませてくれるかな?」と、地球外生命体でも観察するような気持ちで接することも大切です。

A型妻 VS O型夫の場合
最も夫婦関係がうまくいく組み合わせですが、それは「亭主関白」が成り立っている場合においてのみで、妻が夫に対して強く出過ぎてしまうと、夫に不満が溜まり、離婚を突き付けられてしまうことも。相手をうまく立てるよう努めれば、ラブラブな夫婦でいられることでしょう。
愛の言葉をサラリと口にするほどロマンチックなO型男性ですが、実は4血液型中イチの浮気者。しかも、かわいがっていた部下に彼氏ができた、仲の良い女友達が結婚を決めた、というような「ほかの男性に奪われた!?」と感じてしまう状況になると、なぜか「だったら俺のものにしたい!」と、意味不明な狩猟本能をたぎらせてしまいます。さりげな~く人間関係について話を聞き出し、そうした浮気に走らないよう、注意をしておくことも大切です。

A型妻 VS AB型夫の場合
日によってコロコロと考え方を変えるのがAB型の難点。まじめなA型は振り回され、心を痛めることが多くなってしまいそう。それでも、本来の性格は優しいのがAB型。話を真剣にとらえず流すようにするとうまくいきます。基本的には、妻のほうに負担がかかりやすいカップルですが、そこは女性の”器”の見せどころ。心に余裕を持って接するようにしましょう。
AB型夫のいちばんの問題は、金銭です。お金に執着しないように見えたかと思うと突然ケチったり、有り金をはたいて後輩におごってきてしまった……など、なんともあやふやなお金使いをする傾向にあります。お小遣い制にし、あなたが管理をして貯金していくようにしましょう。

次回は、B型についてお届けします!
PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事