ライフスタイル

節目の年齢をチェックして、義理の両親対策に!? 「長寿」の祝い、何がある?

Fotolia_75523187_Subscription_Monthly_M.jpg

日本には、「還暦」や「古希」といった長寿のお祝いがたくさん用意されています。こうしたお祝いを上手に使うことで、義理の両親や実両親に「デキる嫁」「デキた娘」アピールできちゃうかもしれませんよ!
まずは長寿祝いの種類をチェック!
還暦(かんれき)
還暦とは、干支、つまり「十二支」と「十干」とが一回りし、生まれた年と同じものに”還る”ことをいいます。十二支と十干の組み合わせは60種類あり、ちょうど60年でひとまわりします。そのため還暦だけは「数え年」ではなく「満年齢」で祝うのでご注意を。
還暦の際に赤いちゃんちゃんこを着るのは、男女ともに61歳という年齢が「厄年」に当たり、魔除け・厄除けを祈願する意味が込められています。ですので、「そんなの着るのは恥ずかしい!」と相手が望むのであれば、無理に着させる必要はナシ。代わりに赤いワインやハーブティーを勧めてあげましょう。

古希[古稀](こき)
「人生七十古来稀なり」という、唐代の詩人・杜甫の詩に由来するお祝いで、数え年で70歳(満年齢69~70)のときにお祝いをします。古希を祝う色は「藍色」とされているので、ブルーのネクタイやベスト、バッグなどを贈るといいでしょう。

喜寿(きじゅ)
「喜」という字を草書体で書くと「七」を3つ重ねた形になり、それが「七十七」と読めることから、数えで77歳が喜寿の祝いとなりました。喜寿を祝う色は「黄色」「金色」。お財布など小物で、喜寿を祝う色のものを贈ると喜ばれます。

傘寿(さんじゅ)
「傘」という字が、「八」と「十」を重ねたように見えることから、数えで80歳の祝いを「傘寿」と言います。傘寿を祝う色はオレンジや金茶とされていますが、この年になると、動くこともおっくうになってくる人が多いので、外出に誘うような、マフラーやスニーカー、杖などを贈るといいでしょう。

米寿(べいじゅ)
「米」という字をくずすと「八十八」と読める……ということから、数えで88歳を米寿と呼ぶようになりました。金色が米寿のお祝いカラーですが、近年、言葉遊びのように「ベージュ色」の物を贈ることも増えています。

卒寿(そつじゅ)
「卒」の略字は「卆」と書きます。この「卆」が「九十」と読めることから、数えで90歳のお祝いを「卒寿」と呼びます。ちなみに卒寿のカラーは「紫」。より一層の長生きを祝って、紫色の座布団や布団、浴衣等を贈ってあげましょう。

白寿(はくじゅ)
「百」という字から「一」を引くと「白」になることから、99歳のお祝いを「白寿」と呼びます。もうここまでくると、ダジャレの域になるのですが、こうした遊び心が生まれたのは古代中国でのこと。長い歴史の中で培われてきたことを思えば……感慨深くなりますよね。
白寿を祝うカラーは「白」。布団カバーを新調してあげるなど、何か白いものを贈りましょう。

百寿・紀寿(ひゃくじゅ・きじゅ)
100歳であることから「百寿」、また、一世紀という永い年月を生きてきたことを祝って「紀寿」と呼ばれます。こちらもお祝いの色は「白」。白寿から1年しか経たないため、まとめてお祝いする場合も多いようですが、この年齢になると、いつ天国に召されるか分からないもの。贈りものをするのではなく、できるだけ顔を見せに行ってあげるようにしましょう。

長寿祝いはまだまだあった!? 最高齢はなんと250歳!!
100歳を越える長命な人が少ないことから、基本的には百寿で区切りを付けることが多いようですが、実はまだまだお祝いは用意されています。

108歳=茶寿・不枠
111歳=皇寿・川寿
119歳=頑寿
120歳=昔寿・上寿
121歳=大還暦
250歳=天寿

ちなみに121歳の「大還暦」は、かつて長寿世界一とされた日本人・泉重千代さんをたたえるために作られた言葉なのだそう。医学の進歩により120歳まで生きるのはありえるとしても、250歳は絶対にないと思うのですが……誰がなぜ「天寿」を用意したのかは、調べても分かりませんでした。無念!

こうしたお祝いは、必ずしなければいけない、というものではありません。しかし、長寿祝いを口実にして家族が集まり、それぞれの近況を確認したり、親族がみな元気であるかを確認できたりするというメリットがあります。
多少は面倒くさいと思っても、長寿の人に”あやかる”意味も込めて、お祝いしてあげましょう!
PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

    最近の記事