旅行&お出かけ

【6/1.2.3・武蔵小杉】川崎のママが発案! 体験いっぱいの「まんなかフェス」初開催

32595162_1372113552889491_6247201318406979584_n.jpg

近年、子育てタウンとしてその名を全国に知られるようになった街、武蔵小杉。細長い川崎市のちょうど“まんなか”であるこの街で、親子にうれしいフェスが誕生します!


ママたちによる自主企画フェス!

2018年6月1日(金)〜3日(日)に武蔵小杉駅前「こすぎコアパーク」にて開催される「まんなかフェス」は、川崎在住・在勤のママたちが中心となって企画。“川崎のママたちを元気にしたい!”という想いで約半年間、準備してきたのだそう。子どもたちも楽しめるように保育士が常設する「こどものおしろ」を設置するなど、ママならではのこだわりをつめこんだフェスなのです。

目が離せない! 充実のステージ

そんな「まんなかフェス」には、楽しいプログラムが盛りだくさん! 

31195701_1727920443960767_8092370318749859840_n.jpg

31271317_1088093227998342_2474605962334306304_n.jpg

メインステージでは、高津区の音楽教室「音の教室カリヨン」や、宮前区のダンス教室「Rakira-kids」などに通う子どもたちによる発表だけでなく、「魂刀流ママチャンバラ倶楽部」などママたちもステージに上がります。 

149323.jpg

さらに「音の教室カリヨン」の講師による「おんがくえほんコンサート」や「にこにこあおむし人形劇団」など子どもたちも楽しめる演目から、子育てに関するトークショーなども開催。ママにとっても刺激や学びがいっぱいありそう。

nikoaosama65.JPG


美味しいもの、楽しい体験も

IMG_9302.JPG

1日中たっぷり楽しんでほしいという気持ちから、フードコーナーも充実。高津区産の野菜を使った「七福カレー」や、このイベントのみでしか食べられない「しんまるこジェラート」など美味しいものが大集合! ビール販売もあるそうなのでパパもご機嫌です。

さらに「忍者体験」「ムサコde撮影会」など無料で楽しめるブースや、押し花アートや万華鏡づくりなどの有料ワークショップ、アロマトリートメントなどママに嬉しい癒やしコンテンツもめじろおし。

入場無料な上に内容盛りだくさんで、2日間とも通ってしまいそうな「まんなかフェス」。家族でぜひお出かけしてみて下さいね。

mannakafes04ーー.jpg

【イベント概要】
「まんなかフェス」
開催日時:2018年6月1日(金)、2日(土)、3日(日)
会場:こすぎコアパーク(川崎市中原区小杉町3-1302)
アクセス:東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」南口3を出てすぐ









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。