ライフスタイル

【夫婦の血液型事情シリーズ】妻がB型だった場合

Fotolia_200042029_Subscription_Monthly_M.jpg

夫婦が円満に暮らすこと。これは、ほぼ100%の女性が追い求めることでしょう。しかし、夫と妻はあくまでも他人同士であり、”あうん”の呼吸で互いを理解することは、難しいことだったりします。そんなときに、ひとつの指標となるのが「血液型」。「互いに理解しにくい部分がある」ということを理解しておくだけで、円満な夫婦生活への解決策が見つかるかもしれません。
むろん、ここで述べる内容は、人相や手相と同様に、”そういう傾向がある”と言えるだけのものになりますので――

信じるか信じないかはあなた次第です!
B型妻 VS A型夫の場合
何事にも慎重で、毎日同じことを繰り返していても飽きないA型夫に対し、様々なものに興味を持ち、一緒にいても飽きさせないB型妻。お互いがリスペクトしあえれば、互いの長所を伸ばせる良い関係を築けます。ただしそれはあくまでも、B型妻がA型夫の考える「人として常識的な範囲」に収まっている場合での話。夫のプライドを傷つけるような発言をしたり、夫をないがしろにしたりするような行為は絶対NG。他人の悪口をグチグチと夫に言うのもNGです。
また、A型夫に対しては、どんなに些細なことであっても隠し事をしたり、嘘を付いたりしないようにしましょう。常にOPENであることで夫婦生活がスムーズになります。

B型妻 VS B型夫の場合
生活を楽しむことにかけては右に出るものはないB型カップル。まるで親友同士のような、楽しい時間を過ごせることでしょう。でも、お互い調子に乗りすぎて、周囲から非難を受けてしまうことも多々アリ。けじめ、節度、常識、そうしたものを互いに身に付けるようにしましょう。また、金銭面ではどんぶり勘定になりがち。楽しいことだけに流されるのではなく、「生活」の基盤を築くことも大切であると、夫婦で認識しましょう。
互いにマイペースすぎて、喧嘩に発展することもしばしば。一晩寝れば気にならなくなるB型の特性を生かし、喧嘩をしたら頭を冷やすためにも早めに寝てしまうのも、いいかもしれません。

B型妻 VS O型夫の場合
夫が留守でもひとり楽しく生きていけるB型妻と、出世欲が強く、仕事や自身の趣味を大切にするO型夫。B型がO型のペースに合わせて生活できれば、とてもうまくいく組み合わせです。O型夫は専業主婦を希望することが多く、自分より能力の高い妻をもらうことを嫌がることが多いので、「能ある鷹は爪を隠す」を実践することも忘れずに。
喧嘩をしても、互いに根に持つことはないので、すぐにラブラブ状態に戻れるのもこのカップルの特徴。でもO型は、1度でも相手を見限ったらそれで最後です。挽回するためにはとてつもない労力を要するので、O型夫を心の底から怒らせないよう気を付けて。

B型妻 VS AB型夫の場合
天才肌のAB型を上手にコントロールできさえすれば、付き合ってスグの頃のラブラブ感を保ち続けることができる組み合わせ。しかし、周囲の意見に左右されやすく、外面だけは良いAB型夫に対し、ゴーイングマイウエイなB型は「なんで!?」と、イライラすることが多くなり、妻から離婚を言い渡してしまうことも。本来、B型とAB型は相性が良いので、B型がイラつきさえしなければうまくいくことを覚えておきましょう。
また、好きだから……とAB夫の言いなりになり、甘やかしてしまうのはNG。主張すべきことはきちんと伝え、互いにほどよい距離を保つようにすれば、大人の男女として楽しい関係を築くことができます。

次回は、O型についてお届けします!
PHOTO/Fotolia




LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事