トレンド

杉浦太陽さん、中尾明慶さん、ユージさんが名もなき家事「水事」の負担軽減を宣言

1.JPG

毎日の家事は、料理や掃除、洗濯などわかりやすいものばかりではないですよね。ベッドや布団を整えたり、ティッシュやトイレットペーパーを補充したり…。そうした日々の「名もなき家事」の負担を軽減する取り組みを、天然水ウォーターサーバー「コスモウォーター」を製造・販売する株式会社コスモライフがスタートしました。



毎日やっているけど「家事」と認識されにくい「水事」
「名もなき家事」の中でも、特に多いのが飲料水まわりの家事。重たいペットボトルを買い足す飲料水の購入や冷蔵庫への飲み物の補充、やかんでお湯をわかす、お茶くみ、溜まったペットボトルのゴミ出しなどです。

これらは小さな作業ですが毎日発生するので、時間が取られているというママも少なくないはず。また洗濯や料理のようにはっきりした呼び名がないので「やって当たり前」と思われがちで、家族のサポートを得られにくいことも。

こうした飲料水まわりの「名もなき家事」を「水事(すいじ)」と名付け、毎年6月(旧暦の水無月)の毎週水曜日を「水事無しの日」と制定。水事が家族で分担しやすいよう、そして水事を少しでも減らしていけるよう呼びかけていくそうです。

杉浦太陽さん、中尾明慶さん、ユージさんが登場
2.JPG

2018年6月7日には「水事無しの日」の制定記念イベントが開催され、ゲストとして杉浦太陽さん、中尾明慶さん、ユージさんのパパ3名が登壇。

杉浦さんは水事について「旦那としては家事には名前があると動きやすい。『水事やって』と奥さんに言われたら水まわりのこともササっとできる」と語りました。

中尾さんは「ペットボトルをすすいでラベルを剥がして決まったゴミの日に出すのはやってみると面倒くさい。それがなくなるだけでも助かる!」と水事の中でもペットボトルのゴミ出しの大変さを普段感じているそう。

ウォーターサーバーが水事負担軽減に役立ちそう
ウォーターサーバーを使っているユージさんは、「お湯を沸かす時間が必要ないのでミルク作りにとっても助かっています」と、水事負担の軽減に役立てていることを明かしました。
3.JPG

またウォーターサーバーのお湯や水を使って、ご飯に具材を乗せてお湯を注ぐだけの“1分朝食”レシピも紹介。中尾さんは「これなら料理が苦手な旦那さんでも簡単。奥さんへのプレゼントはアクセサリーではなくウォーターサーバーを贈った方が喜ばれそう」と太鼓判!

皆さんもウォーターサーバーの導入や旦那さんとの協力で、日々の面倒な「水事」を軽減してみては?


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。