ライフスタイル

土用丑の日にうなぎを食べる理由、知っていますか?

Fotolia_207243820_Subscription_Monthly_M.jpg

「土用丑の日はうなぎを食べる」という風習は知っていたり、実際にうなぎを食べたりしている方も多いと思いますが、“土用丑の日”とは何なのか、なぜうなぎを食べるのか、ということはご存知ですか? 日本人なら誰しも目にしたことのある言葉ですが、今回はその土用丑の日について詳しく解説します。由来を知れば、そのイベントがもっと楽しくなりますよ!


土用丑の日とは?
“土用”とは、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間を指します。また、日本では一年ごとに干支(十二支)が変わりますが、実は日にちにも十二支が当てはめられていて、12日間で一周するようになっています。つまり土用丑の日とは「土用の期間中で丑にあたる日」のこと。

2018年はいつ?
立春・立夏・立秋・立冬は毎年異なるので、土用の期間も丑の日も毎年変わります。今年2018年はこのようになります。
【2018年の土用の期間】
春の土用 立夏(5/5)直前の期間:4/17~5/4
夏の土用 立秋(8/7)直前の期間:7/20~8/6
秋の土用 立冬(11/7)直前の期間:10/20~11/6
冬の土用 立春(2/4)直前の期間:1/17~2/3
【この期間内で訪れる丑の日】
1/21、2/2、4/27、7/20、8/1、10/24、11/5
一般的に夏の土用丑の日が広く知られていますが、土用丑の日自体は一年を通してあるんですね。ちなみに今年の夏の土用丑の日は、先述の通り7/20と8/1の2日間あります。

なぜ夏の土用丑の日はうなぎを食べるのか
一年に何度か訪れる土用丑の日ですが、うなぎを食べるのは夏のみ。その理由は何なのでしょうか。諸説あるのですが、最も有名な説をご紹介します。
時は、1700年代の江戸時代に遡ります。歴史的に有名な発明家である平賀源内が、この風習を発案したとされています。
冬が旬のうなぎは、夏の売れ行きが悪く困っていたうなぎ屋。そこで平賀源内に相談したところ「本日、丑の日」という張り紙を貼るようアドバイスを受け、その通りにしたら爆発的に売れたのだとか。なぜそのアドバイスをしたのかと言うと、日本では昔から「丑の日には丑の“う”から始まる食べ物を食べると精が付く」と言われていたからだそうです。それからというもの、日本では「夏の土用丑の日にはうなぎを食べると夏バテしない」という風習が根付いたのです。

既に半袖でも過ごしやすい季節になり、今年の夏も暑くなりそうですね。2018年も土用丑の日にはうなぎを食べてスタミナをつけ、元気に夏を越しましょう!

PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事