子育て

励ますより、怒るより、しつけるより…泣く子どもへの対応法

Fotolia_60138222_Subscription_Monthly_M.jpg

子どもは「泣くのが仕事」と言いますが、ほんとうによく泣きますよね。子どもが泣けばママは理由を聞いたり、励ましたり、泣かないようしつけようとしたりします。大人からすればそれが「子どものため」と思いますが、子どもからするとどうなのでしょうか。教育者である倉橋惣三さんの言葉と一緒にご紹介します。
どうにかして泣き止ませたい親
子どもが泣いていると、親はどうにしかして子どもを泣き止ませようとしますよね。転んで泣く子には「それぐらい痛くないよ」と言い、失敗して泣く子には「こうすればいいんじゃない?」と励まし、あまりに泣く子には「もう泣かないよ!お兄ちゃんでしょう。男でしょう」なんて言うこともあるでしょう。

親に言われた通り、「ママがこれくらい痛くないっていうから痛いけど痛くないはず」だとか、「次頑張ればいい」だとか、「男だしお兄ちゃんだから泣くのは止めるべきだ」と思い、子どもは泣き止むでしょうか。

親からすれば、すぐ泣き止んでくれれば安心です。しかし人間、ましてや子どもが、「泣く」という感情が1番高ぶるときに、親の言いなりに泣き止むのは逆に心配でもあります。大人も同じですが、泣きたいときに我慢すると、感情が欲求不満のまま終わってしまいます。逆に泣きたいときに思いきり泣くと、心もスッキリしますよね。

子ども時代にちょっとしたことで泣いた記憶は、皆さんもあるでしょう。小さなことで泣く経験を沢山積むことで、やがて「これぐらい泣かなくても平気」と思えるようになり、大人になると滅多なことでは泣かないのが人間というものです。

泣きたい心もちに共感する
教育者である倉橋惣三氏は、親が泣いている子どもに対して、やっていないたった一つのことは「泣かずにいられない心もちへの共感である」(『育ての心』倉橋惣三著 フレーベル新書)といいます。

子どもがほんとうにしてもらいたいのは、泣きたい原因や理由を聞いたり、励ましてもらうことではありません。「子どもは心もちに生きている。その心もちを組んでくれる人、その心もちに触れてくれる人だけが、子どもにとって、有り難い人、嬉しい人である」(同著)といいます。

子どもが泣いているときには、抱きしめ、「子どもの泣きたい気持ち」に共感してあげましょう。有名な「友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にしてくれる」という言葉がありますが、これは親子も同じでしょう。ママが泣きたい心もちに共感してくれれば、子どももスッキリしますし、時には早く泣き止むこともあります。
PHOTO/Fotolia

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事