ファッション

【ゆるらくパンツ】品よくキレイに履くスタイリングのワザ

20180522205242027_500.jpg

最近のパンツのシルエットは、ピタッとしたものよりもゆったりめがトレンド。今っぽく見えて、しかも楽ちん。履いていて動きやすいし、これからの夏の季節は涼しい! というわけで、最近はゆるパンツが手放せないというママも多いのではないでしょうか。ところがこのゆるパンツ、一歩着こなしを間違えるとだらしなく見えてしまうのが難点……。
そこで、品よくキレイに履くためのスタイリングのポイントをご紹介します。
Tシャツはインする
20180609193148279_500.jpg

ボトムがボリューミーなぶん、「トップスはコンパクトに」が鉄則。Tシャツを着る日は、すそをウエストイン。Tシャツは無地などの無難な柄よりも、少し変わったインパクト柄をチョイスすると、メリハリのある着こなしに。太めのベルトでウエストマークするテクニックも有効です。

トップスには派手色を合わせる
20180626140839365_500.jpg

パンツに選ぶのはベージュなどのベーシックカラーという人が多いはず。だからこそ、トップスには派手色を合わせてコントラストをつけて動きのあるスタイリングを。ビビッドカラーのなかでも取り入れやすい赤もおすすめです。

マキシワンピをレイヤードするワザ
20180626065157314_500.jpg

体型カバーにもつかえるワザがこちら。ゆるっとしたパンツの上にマキシワンピをレイヤードするという組み合わせは、今まではあまりしなかったという人が多いのではないでしょうか。写真のようにパンツのカラーがはっきりしたものだと、さらにバランスが取りやすい。

トップスと靴をホワイトで統一
20180611191439858_500.jpg

ボトムの見え方は、合わせるトップスと靴で印象がガラリと変わります。清潔感のある仕上がりにするのであれば、ホワイトをチョイスするのが有効的です。トップスがタイトでなくても、靴がヒールでなくても、白を合わせるだけで洗練された印象に。

ベージュの力を借りる
20180522205242027_500.jpg

上品に見せたいならテキメンなカラーはベージュ。ベージュをキーにしたカラーコーディネートにすると、ゆるっとしたパンツもだらしない雰囲気にならず、いい具合の脱力感に仕上げられます。全体で使うカラーは2色だけにすると、統一感が出て、さらにすっきり。

少しスタイリングに気を使うだけでも、グンと品のある着こなしが実現できます。

出典/WEAR



LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事