ファッション

子どもとの水遊び。「日焼け」「水濡れ」「動きやすさ」をカバーするママファッションって?

20180623210245451_500.jpg

これから夏になると、子どもをプールに連れていく機会が増えます。ある程度子どもが大きくなったら、ママはプールサイドで見守っていてあげる場合も多く、「あえて水着にならなくてもいいや」という場合もありますよね。とはいえ、子どもの相手をしていると、水で濡れてしまう……。さらに日焼けも気になるし……。
そこで、プールサイドやじゃぶじゃぶ池に行くときのママの服装で、気をつけたいポイントをまとめてみました。
帽子はマスト。つばが広めのものを
20180517210521339_500.jpg

絶対に忘れたくないアイテムは、帽子。がっつり日焼け対策用のアウトドア帽子もいいけれど、少しおしゃれにこだわるのならつばが広めのストローハットがいい感じ。ひとつ持っていると、プールサイドや海だけでなく、いろいろなシーンで活躍してくれます。デザインや形はシンプルなものだと、どんなファッションにも合わせやすいです。

足元はビーチサンダルが過ごしやすい
20180618123519049_500.jpg

プールサイドやじゃぶじゃぶ池に行く日は、ビーチサンダルが便利。最近のビーチサンダルはおしゃれに進化していて、タウンでもはきたいくらい。鼻緒が細めで華奢なデザインのものは、キレイめファッションにもぴったりとマッチします。オススメは、「havaianas(ハワイアナス)」のスリムモデルや、「TKEES」。

日よけ&涼しげなレースカーデが便利
20180503191133639_500.jpg

日よけにカーディガンを選ぶなら、レースやかぎ編みのものを選んでみては? 羽織っていても暑苦しくなく、見た目も涼しげ。実際に着ていても涼しいんです。それでいて、しっかりと日よけをしてくれます。垢抜け感や上品さを演出するのにもぴったり。カジュアルなビーチサイドの装いに、あえてフェミニンなレースを合わせてもおしゃれです。

リラックスワンピースが定番
20180219091741378_500.jpg

ふわんと羽織れるリラックスワンピースは、風も抜けて涼しいので炎天下のプールに行くにはオススメのファッション。下に水着を着ておけば、いざというときプールに入ることもできます。

プールサイドではもちろん、公園の噴水やじゃぶじゃぶ池に行くときもぜひ活用したいテクニックです。
出典/WEAR
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事