子育て

ひと手間を省く! 離乳食の冷凍保存は100均の小分けパックを上手に使おう

Fotolia_120923966_Subscription_Monthly_M.jpg

赤ちゃんのために毎日離乳食づくりに勤しんでいるママたち。本当にお疲れ様です!
家事に育児に忙しい中、離乳食づくりの手間を少しでもなくすために、「多めにつくって冷凍」はたくさんの方が行っている時短テクだと思います。
でも、その保存容器を替えれば、更に離乳食の準備が簡単になるかも? コスパ抜群の100均の保存容器をご紹介します。


冷凍保存の容器は2種類使おう!
離乳食のストックを冷凍する際、よく製氷皿タイプの保存容器が使われます。小分けに均一量を保存できるので非常に便利ですよね。ただ、すべての離乳食ストックを製氷皿タイプで冷凍保存してしまうと、少し手間がかかってしまうことも。例えば、お粥を製氷皿タイプで冷凍保存した際、うまく容器から外れなかったことはありませんか?
忙しいとイライラの原因になる「ひと手間」。できるだけなくしていきましょう!
そこでお薦めしたいのが、ダイソーの「離乳食小分けパック」と製氷皿保存容器の2種類使いです。
image.jpg

小分けパックはお皿いらずで便利!
ダイソーの「離乳食小分けパック」は50mlサイズで10パック、100mlサイズで8パックが1セットになっています。
ポリプロピレンでできていて、冷凍保存が可能なのはもちろん、そのまま電子レンジで解凍・加熱ができます。容器は目盛り付きなので、量の調整も簡単。
まず主食であるお粥やパン粥は、この小分けパックに保存してしまいましょう。その際、1パックに1食分を保存するようにしてください。そうすれば、解凍して食べさせる歳、お皿の準備をしなくても大丈夫。
おかずに関しては、味のベースになる出汁やスープを小分けパックで保存してください。
野菜や魚・肉・豆腐などのたんぱく質などは、製氷皿で保存するほうが調理の際、使い勝手がいいです。
忙しくて時間がないときは、出汁を冷凍した小分けパックの中に、製氷皿から取り出した野菜やたんぱく質をいれて電子レンジで加熱すれば、簡単に1品ができあがり! こちらももちろんお皿いらず!

保存容器を使い分けるだけで、離乳食の手間は格段に下がります。ぜひ1度試してみて下さい。

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。