ライフスタイル

アメリカの誕生日プレゼント事情「レシート」 をつけるって本当?

Fotolia_211113907_Subscription_Monthly_M.jpg

アメリカではプレゼントに「レシート」 がついてくるって、みなさんご存知でしょうか? プレゼントに「レシート」 なんてつけてしまったら値段がバレてしまうのでは? なぜ、そんなことをわざわざするのか疑問ですよね。それには、日本人には理解しにくい、アメリカならではの習慣があるからなのです。今回はそんなアメリカならではの習慣と「レシート」 の謎に迫りたいと思います。



アメリカならではの習慣ってなに?!
この国のお買い物の習慣といえば、それはズバリ「返品」。アメリカは「返品大国」 と言っても過言ではないくらい、お買い物と返品はセットみたいなものなのです。日本ではあまり考えられませんよね。例えば、破損していたなどの不良品であれば、もちろん返品は有り得ますが、アメリカはそれだけではありません。「買ったけど気に入らなかったから」 「なんか、やっぱり要らない」そんな勝手とも思えるような理由でも返品OK! 何とも返品受け付け基準が緩いお国なのです。気になる商品を一旦購入、試しに一度使ってみて、やっぱり気に入らないから返品。こんなこともできてしまうのです。

プレゼントについてくる「レシート」 の謎
アメリカではプレゼントにレシートがついてくることがよくあります。このレシートは普通のレシートとは違い、「ギフトレシート」 とも呼ばれています。普段お買い物をした時にもらうレシートとは違い、この「ギフトレシート」 には値段は表記されていませんので、プレゼントの価格がバレてしまうという心配は要りません。このレシートの目的はプレゼントをもらった人が後日、サイズ交換したい、同じものを持っていたから違うものと交換したいなんていう時に利用できるものなので、一見、もらったプレゼントをレシート持って返品だなんて失礼とも思われてるかもしれませんが、実はとても合理的な理由なのです。

合理主義ゆえのレシート。返品にもマナーを守って。


「ギフトレシート」はアメリカらしく、とても合理的なものであることはわかりました。また、返品王国であることもわかりました。ギフトレシートには有効期限が記されている事もあります。そうした場合は、その期限内に返品をするのがマナーの一つです。期限をすぎて返品をしに行った場合、お店や店員さんによっては、受け付けてくれることも稀にありますが、有効期限が記されているのであれば、やはりその期限を守りましょう。返品が当たり前になっているお国の人たちですが、皆が皆、返品するというわけではありません。受け取ったプレゼントそのものだけではなく、その気持ちを大切にする人の方が殆どでしょう。

国民性の違いが表れたプレゼント事情ですよね。贈る側が、相手にも選択肢を与えるという意味も含めた気遣いのレシートです。そういう気遣いも含めた全てが「ギフト」 「プレゼント」 になっているのですね。
PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。