ライフスタイル

モノを収納する時は「1軍」と「ワンアクション」で考える!

01.JPG

毎日の生活の中で、使うモノが原因で小さなイライラを感じることはありませんか? 実は、使いたいモノが「ワンアクション」で取り出せたら、ムダな時間やストレスを減らせます。整理収納アドバイサーの資格を持つ筆者は「どこにしまえば良いかわからない」という悩みをよく受けます。頻繁に使うモノをどこに置くべきか、このポイントを押さえるだけで家の仕事の「時短」になります。

モノを収納するまでに必要なプロセス


家を散らからなくするためには、必要なプロセスを経てモノを収納することです。①モノの量と向き合うこと。②使わないモノを手放すこと。③使うモノだけをグループに分けること。④モノの使用頻度と使う場所を考えて、使うモノに「モノの住所を作る」ことです。この④がポイントで、「モノの住所を作る」ときに「1軍」と「ワンアクション」で考えます。

グループ分けしたモノを、さらに「1軍」「2軍」「予備」に分ける


03.JPG

例えば、キッチンツールというグループがあります。このグループのモノを、同じ引き出しに収納しないことが「時短」に繋がります。このグループから「1軍」「2軍」「予備」の3種類に分けます。「1軍」は、たくさん使うモノです。「2軍」は、たまに使うモノです。「予備」は、年に数回しか出番のないモノまたは壊れていないので捨てにくいモノです。これらをすべて同じ引き出しに収納しないことが「時短化」のポイントです。

収納の「ゴールデンゾーン」に「1軍」を置く。この時、「ワンアクション」が大切!


02.JPG

収納の「ゴールデンゾーン」とは、目の高さから腰までの高さになります。動作では、背伸びをする、椅子に乗る、かがんだりしない場所を指します。この「ゴールデンゾーン」に「1軍」を置きますが、扉の中や引き出しの中ではありません。先述したキッチンツールの場合だと、ガスコンロの横に「1軍」をキッチンツールスタンドへ入れて置きます。キッチンハサミは、壁にフックをかけて置きました。これが「ゴールデンゾーン」の位置に、「1軍」のモノを「ワンアクション」(1度の動作でモノを手に取る)を考えて置くということです。

「2軍」はツーアクション、「予備」をスリーアクションで!


「2軍」のアイテムは、同じく「ゴールデンゾーン」の引き出しの中へ入れました。引き出しを開けるという行為がワンアクションで、モノを取る動作がツーアクションになります。「3軍」のアイテムは、「ゴールデンゾーン」から外れた場所へ収めます。例えば、上戸棚の中に収納箱を入れて収納します。つまり、扉を開けて、箱を開けて、モノを取るのでスリーアクションになります。

「1軍」と「ワンアクション」のルールは、文房具なども同じです。使いやすい文房具だけ、机上のトレーに乗せて「2軍」は引き出し「予備」は箱の中へ入れます。そうすると自然に「予備」は手放しても良いかもと思えてきます。さらに、実際に使うモノが、驚くほど少ないことに気がつきます。これにより、お金や時間のムダが減りライフスタイルがとてもシンプルになります。

PHOTO/ito maki

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事