子育て

夏休み中の生活リズムの乱れを防ぐには〇〇の時間を厳守する!

IMG_6194.JPG

待ちに待った夏休み。長期間のお休みに、子どもたちはワクワクがとまりませんよね!
学校がある時は、学校に遅刻しないよう決まった時間に起床し、規則正しい生活を送ることができるのですが、とかく夏休みは生活リズムが崩れがち。
特別感たっぷりの夏休みは、子どもからすると好きな時間に寝て好きな時間に起きる生活を送りたいところでしょうが、不摂生をして生活リズムを崩してしまうと健康にも悪影響です。

夏休みでも普段と変わらず、寝る時間と起きる時間を必ず守るようにすることが重要です。
この時間さえ守れば、生活リズムは崩れないと思いますので、今回は寝る時間と起きる時間を守るための工夫をご紹介します!


遊びの延長で楽しく入眠!


夜、寝たがらない子どもに話を聞くと、ほとんどが「まだ遊びたいから! 」という返事が返ってきませんか? だったら、眠りにつく直前まで遊んでしまいましょう!
身体を動かしたり頭を使ったりする遊びではなく、リラクゼーション効果のある遊びがおすすめ。
寝室に移動する前に、キャンドルを焚いて親子でリラックスタイムを過ごしたり、寝室では暗闇で影絵遊びをしながら空想の物語をお話ししたり。
普段とはひと味ちがった眠りにつくまでの時間を楽しみましょう。

朝の目覚めを快適に!


朝が来るのが待ち遠しい! そんな気分になるように、前日から子どもと一緒に楽しい予定を考えてみましょう。
食べることが好きな子どもだったら、朝ごはんメニューを子どもに決めさせてあげたり、遊ぶことが好きな子どもだったら、次の日の遊びの計画を子どもに立てさせてあげたり。
朝の目覚めのタイミングで「今日は楽しいことが待っているよ! 」と声がけをしてあげると、自分で決めた楽しい予定に向けて、目覚めも快適になります。
それから、太陽の光と外の音で自然に起こしてあげると“ママに起こされたから仕方なく起きた感”がなくて気分良く目覚めてくれますよ(笑)。

せっかくの夏休みですから、追い立てるように寝かせたり起こしたりするのではなく、入眠も起床も遊びの延長のように特別感を演出してあげるのがポイントです。
これは、夏休みが終わった後、新学期の週末にも有効です。生活リズムを崩さないためにも、ぜひ取り入れてみてくださいね!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。