ライフスタイル

子どもの下着の収納場所を変えたら、プチストレスが解消された!

IMG_6934.JPG
子どもの服や下着の収納場所といえば、大抵は子ども部屋のクローゼットやタンス、押し入れだと思います。7歳と5歳の2児がいる我が家でも、子ども部屋に置いているタンスの中にしまっていました。しかし、ふとしたことがきっかけで子ども達の下着&部屋着の収納を洗面所に変えてみたところ、長年抱えていたプチストレスがすっきり解消!
今回はそんな“洗面所収納”のメリットをご紹介します。



「持って行くの忘れた!」を防ぐことができる
下着を子ども部屋に収納していた時には、子ども達がお風呂に入る前に自分で下着やパジャマを洗面所へ持って行くスタイルだった我が家。しかし「パンツ忘れた~!」と裸のまま洗面所を飛び出してきて、リビングを悠々と歩きながら隣接した子ども部屋へ向かう、という現象がかなりの確率で勃発していました。
その光景を一切見なくて済むようになったのが、洗面所収納に変えたことによる1番の収穫です。


リビングでのダラダラお着替えもなくなった!
上記のように、今までは裸で出てきては子ども部屋へ下着やパジャマを取りに行き、リビングで着替えていました。ところがテレビにくぎ付けになってしまったり他のことを始めてしまったりで、一向に子ども達の着替えが進まないことにも頭を悩ませていた筆者。
今では洗面所で着替えを済ませてくる習慣も身に付いたので、そんな“裸でダラダラ現象”もなくなりました。


ママの心も平和♪
子どもが下着を持って行き忘れるとその都度注意したり、途中で気が付けば代わりに用意したり。はたまたリビングでの着替えの手が止まってしまっていると、「風邪引くから早く着替えなさい!」と急かしたり…。そういったことから解き放たれ、親である筆者自身も心穏やかに過ごせるようになりました。
まさに親にとっても子どもにとっても良いことづくめ!


洗面所は共用スペース。遊びに来た子どものお友達が勝手に収納扉を開けてしまう…なんていうハプニングもなきにしもあらずなので、親のインナー類は寝室のクローゼットに収納していますが、子どもの下着に関しては上の子が思春期を迎える頃までは洗面所収納を継続するつもりです。

子どもの成長や生活スタイルの変化によって収納も定期的に見直していくことで、日々の暮らしやすさが格段にアップしますよ。




人気記事ランキング

最近の記事