トレンド

食欲の秋に向けて! 食べ物・食べることに興味が出る絵本3選

IMG_4087.JPG

食べ物がおいしくなる、食べることが楽しくなる、食欲の秋が目前です。絵本にも、食欲をそそるものがたくさんあります。そんななかでも今回は、食べ物・食べることに“興味が出る”絵本を、年齢別に3冊セレクトしてみました。

赤ちゃん~「めろんさんがね‥」(作/とよた かずひこ)


野菜や果物などの食べ物が主役を務める「おいしいともだち」シリーズの最新刊。今回の主役は「めろんさん」です。お店を飛び出しためろんさん、ねこさんやいぬさんに「ごろん ごろん」されているうちに、坂を転がり落ちていってしまいますが……このシリーズの決めゼリフ「しんぱい ごむよう!」から、見事“あるもの”に変身します。
「めろん ごろん」をはじめとして、擬音語・擬態語たっぷり。口に出して気持ちいい、子どもも聞いていて心地いい絵本です。子どもと一緒に買い物に行ったときに、「これは何?」「めろんさん!」なんて、かわいい会話も楽しめるかもしれませんよ。

幼児~「れいぞうこからとーって!」(作/竹与井かこ)


うさぎ、ねこ、ねずみなど……それぞれのおうちの冷蔵庫から、ママにお願いされた食材を、子どもたちと一緒に見つけて楽しむ絵さがし絵本です。ブロッコリーはこんな形をしているんだ!というふうに覚えることができますし、実際に「とーって!」とお手伝いをお願いするきっかけ作りにもなるでしょう。
やっぱりうさぎの冷蔵庫はニンジンが多い!など、動物のキャラクターが現れた冷蔵庫は、ママが見ても楽しめます。魔女の冷蔵庫にはドキッとするものが入っていたり、くまの冷蔵庫にはなんでこんなものまで!?というものが入っていたり。見どころ満載です。そんな個性豊かな冷蔵庫の持ち主たちが、最後に集合する場面もほっこりします。冷蔵庫のすべての中身が書かれたリストも載っているので、探す食材を変えて楽しむこともできますよ。

小学校低学年~「あさごはんからはじめよう」(作・絵/すずきさちこ)


朝ご飯を食べることの大切さを教えてくれる絵本。早起きが苦手で、朝ご飯を食べずに出かけたあさこちゃんに「ガリベンみつごナス」や「おとうふのめんたろう」といったチャーミングな食材たちが、「げんきのおまじないは、はやね はやおき あさごはん!」と声をかけます。翌朝、あさこちゃんを起こし、朝ご飯を運んでくれる食材たち。そこから、ご飯をよくかむとおいしく感じられること、朝ご飯は脳のエネルギーになることなど、“食育”にまつわるあらゆることが、わかりやすく描かれていきます。
学びの絵本ですが、絵がかわいいので、楽しく読めるはず!

いかがでしょうか。絵本で楽しく食べ物や食べることについて関心を持ち、親子で食欲の秋を満喫しましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事