ライフスタイル

「中秋の名月」っていつ? 風習を理解してお月見をもっと楽しく♪

Fotolia_24825125_Subscription_Monthly_M.jpg

暑さも一段落してくると聞こえてくる虫の音。その虫の音を聞きながらお月見をするなんて、日本ならではの風情のある季節の楽しみ方だと思います。秋は特にお月見に最適な季節だと言われており、「中秋の名月」なんて言葉もあるくらい。でも、その言葉や意味を説明するのは難しいですよね? お月見に関わる日本の風習を詳しく知れば、イベントももっと楽しくなりますよ♪


十五夜/中秋の名月とは?


ご存知の通り、月は満ち欠けを繰り返しています。月の光が全く見えない新月から、真ん丸の満月まで。古来の日本では、このサイクルを暦に利用していました。そして満月になる日までおよそ15日間かかることから、旧暦の15日の夜を「十五夜」と言うのです。本来、十五夜は1年では12回あることになるのですね。
そして、旧暦で「秋」と言われる7月・8月・9月は、空気が澄んでいて月がよく見える時期。特に秋の真ん中である「中秋」の8月の満月は、非常に美しく見えるということから「中秋の名月」と言われるようになったそうです。平安時代の貴族はその美しい月を見て歌を詠んで楽しみ、農民は収穫の感謝を込めて月にお供え物をするようになったことから、お月見の風習が生まれました。

2018年の中秋の名月は?


旧暦(月の満ち欠けで暦を決める太陰暦)と新暦(地球が太陽の周りをまわる周期で暦を決める太陽暦)では、時間のずれが生じるため、旧暦の8月15日は新暦では毎年違う日にちとなります。2018年は、旧暦の8月15日を指す十五夜は9月24日(月・振替休日)
ところが、月の満ち欠けは必ず一日単位で完了するものではありません。2018年9月24日も、実は満月の前日。しかし、翌日の午前2時くらいに満月になるので、9月24日でもほぼ満月の状態を楽しむことができますよ。

お供え物や食べ物は?


すすき
神様を招く依り代として稲穂を供えていたそうなのですが、稲穂の代わりにすすきをお供えしたことから現在のすすきを供える風習になったと言われています。また、すすきは魔除けの効果もあるとされています。
おだんご
収穫への祈りや感謝を込めて、粉にした米でおだんごを作ってお供えしたそうです。月に届くほど高く積み上げたほうが、神様に近づけるとも言われています。
収穫物
その時期に採れた収穫物を、感謝の意を込めてお供えします。代表的なものは、里芋やさつまいも、ぶどうなどだそうです。

1年のうちで最も美しい月を見ることができる「中秋の名月」。今年は、おいしい秋の味覚を食べられることに感謝しながらお月見をしてみてはいかがでしょうか。9月24日は晴れると良いですね!

PHOTO/Fotolia



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。