ライフスタイル

【パパmemo】妻の本音を探る! 夫にしてもらって嬉しかったことは?~日常編~

Fotolia_214634222_Subscription_Monthly_M.jpg

◆パパが知っておきたい、役立つ情報をお送りする【パパmemo】。新企画スタートです!※日曜日夜配信◆
「奥さんに純粋に喜んでもらいたい! 笑顔が見たい!」そう思っている旦那様たちのため、今回は妻たちが実際に夫にしてもらって嬉しかったことを調査しました。調査の結果、日常生活でも妻を喜ばせることのできるポイントがたくさんあることが判明! 特別なことはいらないんです。普段の生活の中で、妻を喜ばせましょう♪


普段の生活で妻も笑顔!男らしさを感じる実務編


「共働き夫婦なので、家事を手伝ってくれるのが一番嬉しい! 私の職場復帰に合わせて当番を決め、“きれいにすることが好き”という主人は皿洗いと洗濯担当になりました。3年間サボることなくきちんと務めてくれているので、家族としての信頼感も夫婦としての愛情も深まっていますね。」 (結婚6年目)

「テレビの配線を手際よく繋げたり、壊れてしまった子どものおもちゃを直してくれたりする姿を見ると、そういうことが苦手な私はきゅんとしてしまいます。」 (結婚3年目)

「建築関係の仕事をしている主人。普段の生活で“ここに棚があればいいのに…”や“こんな台があれば便利だな”なんてポロっと言った私の言葉を覚えていて、休日にDIYで作ってくれるんです! 本人にとっては趣味の領域なのかもしれないですが、私の要望通りに作ってくれるので嬉しいですね。」 (結婚10年目)

さりげなく言うのが効果的? キュンとさせる言動編


「子どもが寝たあとに二人でテレビを見ている時、主人がふと“やっぱりお前といる時間が一番落ち着くな~”と口にしました。かしこまって言われるよりも、思わず本音が出てしまったという感じの言い方だったのが、とても嬉しかったです。普段はあまりそんなこと言わない人なので、録音しておけばよかった!」 (結婚8年目)

「子どもたち(男の子ふたり)が“ママ大好きだよー”と言ってくれて私もデレデレとしていたら、主人が急に私のことを抱き寄せて“ママのことを一番好きなのはパパだから! あげないからね!”と言ってくれました。子ども相手にそんなムキにならなくても…とも思いましたが、内心嬉しかったです。」 (結婚7年目)

「仕事の関係で接待や飲み会が多い主人。ひどい時には週末しか家でご飯を食べられないのですが、“どんなに高級な料亭に行っても、一流シェフのイタリアンに行っても、ママが作ってくれて家族と一緒に食べる料理が一番おいしい”と言ってくれたことが嬉しかった。」 (結婚8年目)


特別なことをしなくても、日常生活の中でも妻を喜ばせることのできるポイントはたくさんありました。今回の妻たちの生の声を参考に、ラブラブ度をアップさせてくださいね!

PHOTO/Fotolia




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)


人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。