ライフスタイル

あなただけじゃない! 妊娠中のお悩みをママに大調査~からだ編~

Fotolia_212092459_Subscription_Monthly_M.jpg

自分の身体の中に、もうひとつの命が育っているという不思議な体験のできる妊娠期間。そんな神秘的で嬉しい妊娠ですが、ホルモンバランスの変化などで身体や心に変調をきたすことも少なくありません。代表的には、眠くなる・吐き気がする・イライラするという症状が挙げられますが、「これって私だけ!?」と心配になるようなこともありますよね。今回はママたちが実際に体験した妊娠中のお悩みをリサーチ! 思わず「え、そんな人もいるの!?」と驚いてしまうような声も聞くことができました。


身体の不調編


「とにかく、足がむくみました。水を一杯飲んだだけでも足がズキズキと痛むほどむくんでしまい、毎日マッサージをしたり着圧ソックスを履いたりしていました。医師には“塩分を摂りすぎないように”と注意されましたが、妊娠中は夏だったため看護師さんからは“塩分を摂らないと熱中症になるよ”とも注意され、どうしたらいいのか困りました。」 (第1子妊娠当時25歳)

「妊娠中に眠気とだるさを感じる人は多いと思いますが、私もその一人でした。妊娠後期まで仕事を続けていたので、仕事中の眠気対策は大変でしたね。妊娠中なのでカフェインも摂取できないし、仕事中に横になることもできないし…。飴を舐めたり、お昼休憩に仮眠を取ったりしてしのぎましたが、パソコンを打ちながら意識が飛んだことは一度や二度ではありません(笑)。」 (第5子妊娠当時33歳)

「私の場合は肌荒れ! 炎症を起こして赤くなり、ずっとヒリヒリしている状態。それまで長年愛用していたスキンケア用品も合わなくなり、化粧もできなくなりました。妊娠前は肌を褒められることが多かったので、とてもショックでしたね。」 (第1子妊娠当時24歳)

食べ物編


「何を食べても吐いてしまう毎日…。そんな中で、唯一食べられるものを発見! それが、冷たいそうめんでした。でも季節は冬。11月から翌年の2月という特に寒い時期にも関わらず、週に5日はそうめんを食べていました。付き合わせてしまった夫には申し訳なかったです(笑)。」 (第1子妊娠当時27歳)

「それまでファストフードなんてほとんど食べなかったのに、妊娠してからマクドナルドのフライドポテトとコーラのセットにハマってしまいました! 母親学級で知り合ったママ友たちと月1でランチに行っていましたが、場所はお腹の赤ちゃんのことを気遣って無添加野菜レストラン。ジャンキーなものを食べたい私は全然満足できず、その足でマックへ寄ってしまいました。」 (第2子妊娠当時30歳)

みなさん、妊娠中は何かしらの変化が出ているようでした。妊娠中だけのこととは言え、急に起きる身体の変調はツライもの。無理せずに、自分の身体と相談しながら過ごしていけるといいですね。

PHOTO/Fotolia




人気記事ランキング

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。