ライフスタイル

下着は洗面所が正解? 「動線に沿った収納法」のポイント! ~洗面所編~

Fotolia_52818817_Subscription_Monthly_M.jpg
毎日の暮らしの中で、「ここにコレがあったら楽なのに」と悩んだことはありませんか? とくに、家族の行為が集中する「洗面所」は、いろいろなモノが置かれるスペースです。そのため「動線に沿った収納法」が上手にできれば、生活行為の手間やムダが減って楽になります。反対に、モノが一箇所に集中しすぎるととんでもない事態になりがちです。

そこで、整理収納アドバイザーの資格を持つ筆者が、「動線に沿った収納法」を考えて快適にするポイントをお伝えします。

【ポイント①】家族みんなが「洗面所」で何をしたいかを考える


洗面所での行為は、大きく分けて2つに分類できます。家族みんながする行為(歯を磨く、体を拭く、髪を乾かすなど)と、私的な行為(下着を着る、スキンケアをする、コンタクトレンズをつけるなど)です。これらを動線で考えます。
例えば、下着を着る場合。
入浴後にバスローブをまとって、寝室へ移動し下着とパジャマに着替えて、バスローブを洗面所へ戻します。移動と出し入れの回数が増え、手間と時間がかかります。不自由だと感じた時は、下着を洗面所に置いてみましょう。一箇所で着替えと洗濯物の分類が可能になります。これが、「動線に沿った収納法」です。

【ポイント②】動線を楽にするのは「高さ」と「吊るす」がポイント!


でも、一歩間違うと……!? 家族みんなが必要なモノを置くと、モノが溢れてゴチャゴチャした使いにくい空間になります。整理収納の基本では、私的な行為のモノをみんなが使う場所へ置くのはNGです。ただし、それは理想であって実際には、それぞれの家の間取りや収納の容量によって大きく変わります。限られた空間なら、「高さを最大限に活かした収納」と「壁やドアを使った吊るし収納」でおよそ解決できます。この時、収納をワンアクションで出し入れできるようにすると、さらに、動線が楽になります。

【ポイント③】収納ラックが置けない場合は「洗濯機の上」を活かす


収納ラックを置くスペースがない場合は、洗濯機の上の空間を利用します。例えば、大型のスチールラックを購入して天井まで使い切ります。スチールラックをオススメする理由は、「吊るし収納」がたくさんできるからです。例えばドライヤーをS字フックで吊るせば、ワンアクションで取り出せます。洗濯に必要な、ランドリーネットや洗濯バサミも袋に入れて吊るしておけます。これぞ、取り出しやすくて戻しやすい収納です。ただし、色が溢れるとゴチャゴチャした印象になるので、気になる人は色味を統一しましょう。

【ポイント④】収納スペースにあわせた「定数」を決める


限られた空間の中に、私的な行為のモノを置く場合は、「定数」を限定します。例えば、下着は3枚ずつにする。メイクグッズは、使うモノだけとするなどです。他のアイテムも同じです。多すぎるタオルや家電、洗剤などはモノの量を見直します。「使うモノだけを置く」ことを1番に考えて、ストックは別の場所へ移動しましょう。

家族の生活行為から考えた「動線に沿った収納法」を快適にすると、手間や時間が減るのでとても楽になります。とはいえ、家の間取りや大きさなど各家庭によって条件は大きく変わります。どうしてもうまくいかないという場合は、プロ(整理収納アドバイザー)に相談してみてください。

PHOTO/Fotolia


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nina's (ニナーズ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2018/10/21時点)





LINE NEWS配信中。
友だち追加してね!

人気記事ランキング

最近の記事